有名プロデューサーのアンジー・チャイが今年4月、2001年に台湾で放送され大ヒットしたドラマ「流星花園」の新作製作を発表して以降、中心人物の「F4」4人は誰が演じるのかにずっと注目が集まっていた。そして、今月6日、そのキャスティングがついに公表された。

写真拡大

台湾の有名プロデューサー、アンジー・チャイ(柴智屏)が今年4月、2001年に台湾で放送され大ヒットしたドラマ「流星花園−Meteor Garden−」の新作製作を発表して以降、中心人物の「F4」4人は誰が演じるのかにずっと注目が集まっていた。そして、今月6日、そのキャスティングがついに公表され、若手俳優の王鶴棣(ワン・ホーディー)、官鴻(グワン・ホン)、梁靖康(リャン・ジンカン)、呉希沢(ウー・シーザー)がニュー「F4」を演じることが明らかになった。4人はこのほど、ある雑誌(電子版)の表紙を飾った。新華網が伝えた。

紹介によると、4人の平均年齢は21歳、平均身長は185センチで、漫画「花より男子」を原作としたドラマ「流星花園−Meteor Garden−」、「花より男子」(05年)、「花より男子2(リターンズ)」(07年)の3作で登場した「F4」のキャストに比べ、平均年齢が最も低く、平均身長が最も高い「F4」の結成となった。新作は18年夏に放送される予定だ。(提供/人民網日本語版・編集/KN)