中国初の世界一周海洋総合科学観測・中国大洋第46回科学観測を遂行中の「向陽紅01号」はこのほど、南大西洋の海底から変わった形状をした玄武岩のサンプルを採集した。麻縄状のものから、木の枝や鍾乳石のような形をしたものが含まれているという。

写真拡大

中国初の世界一周海洋総合科学観測・中国大洋第46回科学観測を遂行中の「向陽紅01号」はこのほど、南大西洋の海底から変わった形状をした玄武岩のサンプルを採集した。麻縄状のものから、木の枝や鍾乳石のような形をしたものが含まれているという。新華網が伝えた。

大西洋航行段階サンプル担当者の唐氏は、「岩石のサンプルの外見的特徴から、異なる時代における形成と変化の過程を推測できる。例えば、麻縄状のものは一定の粘度を持つマグマが流動し、冷えて固まってできたものだ。鍾乳石のような形は、マグマの冷却と凝結の過程において、ガスが閉じ込められ穴が形成され、マグマが重力の作用で滴ったことによってできたものだ」と説明した。

国家海洋局第一海洋研究所副所長、大西洋航行段階隊長の孫永福氏は、「玄武岩は深海海嶺の主な構成物で、これほど変わった形の海底玄武岩のサンプルは珍しい。これを比較分析することで、異なる構造を背景とするマグマの活動の過程と変化の法則を研究できる。これは海洋地殻の発展、地球深部と海底物質、エネルギー交換の研究にとって重要な価値を持つ」と話した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)