7日、韓国メディアによると、韓国で日本の小説が大人気を博している。写真は韓国・ソウル。

写真拡大

2017年11月7日、韓国・KBSによると、韓国で日本の小説が大人気を博している。

韓国の大手書店チェーン「教保文庫」が今年1月から10月までの書籍の販売数を分析したところ、日本の小説は約82万冊が販売され、過去最高を記録した。

今年最も売れた日本の小説は12年に出版された東野圭吾の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で、後には村上春樹の長編小説「騎士団長殺し」、アニメーションも大ヒットした新海誠監督の「君の名は。」が続いた。

出版業界は「今年は日本の有名作家らによる作品発表が相次いだ上、スクリーンセラー(映画がつくられた後に注目を浴びる原作小説)が人気を博したため、日本の小説の全体的な販売数増加につながった」と分析している。

これについて、韓国のネットユーザーは「東野圭吾の作品はどれを読んでも本当におもしろい」「悔しいけど東野圭吾の良さは認める」「日本の漫画を見て育ったからか、日本の文学に親しみがある」「日本の本は永久保存する価値がある」「村上春樹がノーベル賞を受賞できないのは世界に残された謎」「日本特有の文化が大好き」などのコメントを寄せ、日本の小説に好意的な反応を示している。

中には「重要なのは『文章に込められた思想』であり、『どの国の本であるか』ではない」と指摘する声も。また、韓国の文学については「左派作家が勢力を張る韓国の文化界は滅びていくだろう」「韓国の小説ももっとおもしろければいいのに。独裁時代を描いた小説ばかりでもう飽きた」などの指摘がみられた。

一方、日本の小説に否定的な意見としては「外国の小説を読むと、その国特有の思考が自然に脳に染みつくという。日本人の小説は日本の変わった情緒と排他的な傾向が感じられ、読んでも全く共感できなかった」などが寄せられた。

その他「韓国人は口だけ反日。実際は日本旅行が好きで、日本の文学を崇拝している。20年後には韓国人全員が親日派になっているだろう」と予想する声や、「一体誰が読んでいるの?電車で本を読んでいる人を見たことがない。みんなスマートフォンを見ている。韓国人は本当に本を読まない」という声もあった。(翻訳・編集/堂本)