小型SSD×Type-Cで超高速外付けストレージを手に入れろ!

写真拡大 (全3枚)

“刀”をイメージしたアルミボディがカッコいい! M.2 SSDをカバーしてくれる、ニュータイプの外付けケースが発売になりました。ちょっと専門的なアイテムになりますが、PCカスタムに興味のある方は要チェックです!

M.2 SSDをUSB3.1Type-C接続可能なアルミボディの外付ケース「KATANA M.2 SSD USB3.1 Type-C」が、PC周辺機器や携帯アクセサリーメーカーのセンチュリーから発売されました。

22mm幅のM.2(NGFF B-key)規格SSDのM.2 SSDに対応しながら、USB3.1 Type-Cコネクタを採用する事で最大10Gbps(理論値)の高速転送が可能になっています。更に本製品はフルアルミボディーを採用、スタイリッシュなデザイン性とあわせて、優れた放熱性も備えています。

▲基板 (この基板にSSDを装着する)

PCとの接続は専用のUSB Type-Cケーブル(片側USB-Aコネクタ)を付属。新型のMacBook ProやMacbookなどのUSB Type-Cコネクタにも接続できるよう、専用USB変換アダプタ(USB-A to Type-C変換アダプタ)も標準で付属しているのがうれしい!

お使いのPCのコネクタにあわせて本製品を利用できますね。本体サイズは、100(幅)×9.5(高さ)×32(奥行)mm。重量は約40g(SSD含まず)。市場想定価格は4480円になります。ただ、本製品にM.2 SSDは含まれておりませんので注意ですよ!

>> センチュリー「KATANA M.2 SSD USB3.1 Type-C」

 

(文/&GP編集部)