恋人に求める条件……「やさしさ」。

多くの女性がそれを挙げるけれど、このやさしさ、単なる「言葉」だけでなく、「行動」がともなってはじめて本物。甘い言葉に誘われて肝心なことを見落としては、それこそ本末転倒。

さて、この女性の求める「やさしさ」ですが、アメリカでも似たような状況があるようで。以下に紹介するのは「Elite Daily」の女性ライターCaitlyn Luce Christensenによる、いい人と偽善者の見分け方。つまりは、ただやさしさを求めてばかりいるようでは、損をするのは女性の方。目利きが問われる訳ですよ。

「言葉ではなく、行動」で見極める

カリスマ性のある人の眩しさは私たちを盲目にさせる、これは、恋愛カウンセラーのクリス・アームストロングの言葉。彼らが持つ自信、満面の笑み、それから人を気持ちよくさせる力。ここまでプラスな特徴が揃っていると、イチコロになっても無理はありません。

ですが、重要なのは言ったことをちゃんと行動に移せているかどうか。

「カリスマ性は満点なのに、努力をほぼしない人がいます。でも言ったことがを行動に移せていないと、その言葉は意味を持ちません」

たとえば「キミは綺麗だね」と口では言うけど、暇さえあれば他の女性のご機嫌ばかりとる男性。「大好きだよ」なんて言いながら、本当にそばにいて欲しいときには時間をつくってくれない男性。甘い言葉でその場をつくろって、大事なときには支えてくれない男性の習性です。

本当の意味でやさしい男性とは、言葉足らずかもしれませんが、必要なときにはちゃんとそばにいてくれるはずですよ。

「人との接し方」で見極める

本当にいい人とは、あなただけでなく、誰にでも誠意を持って接することができる人。愛と友情だけを注ぎ、変に期待させたり、見返りを求めたりしません。アームストロングに言わせると、あなた以外のヒトやコトに無関心な人間は要注意なのだとか。

「レストランのスタッフに対して冷ややかな態度をとったり、ご近所さんや同僚について平気で愚痴を言ったり、世間を取り巻く問題にまったく関心を持たない。こんな特徴に聞き覚えはありませんか?」

こういった態度は、少し会話をしただけで見えてくるもの。彼が偽善者なのかを確かめたいのなら、時事ニュースを振ってみるのも手だとアームストロング。本心とは砕けた会話にこそ現れるそうですよ。

「気の配り方」で見極める

彼が本当にいい人なら、純粋にあなたに興味を持ってくれるはず。気になることがあれば、深掘りできる質問であなたの殻をどんどん壊してくれるでしょう。

「彼はあなたを笑わせようとしてくれますか?思いやりを持って、ちゃんと話を聞いてくれますか?」

アームストロングの質問に対して「Yes」と答えられたのなら、彼は純粋にあなたに興味を抱いているはず。でも気づいたら自分の話ばかり、余裕がなく、あなたに興味を持ってくれないようなら、彼は見せかけのやさしさを悪用するナルシストかも。

「『何を考えているかわからない』なんてよく聞きますが、誰かとちゃんと向き合う努力さえすれば、人間とは見えてくるものです」

あなたの彼は「純粋にやさしい人」?ならば、おめでとうございます!(この手の人は思いのほか多いもの)もう彼を疑わなくてOK。残念ながら恋愛とは、やさしさだけあればいいってものじゃありませんが、それさえあれば「意味のある関係」は必ず育めるはず。

そしてそのやさしさに触れておくと、今後のパートナー選びの基準も健全なものへと磨き上げられるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily