充電式電池、蓄電池などとも呼ばれる「二次電池」が一般に普及し、家電量販店などでも「使い捨て電池」は心なしか肩身が狭そうに感じます。しかし、無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』の著者・須田將昭さんは、「上手に使い分けることが大切」とした上で、災害時の停電に常備しておくべき電池についても詳述しています。

電池との上手なおつきあい

11月11日は「電池の日」です。漢字で表記すると「十一月十一日」というのが「プラス・マイナス・プラス・マイナス」となるからです。

現代の私たちにとって電池の存在は欠かせません。携帯電話・スマホがここまでコンパクトで、かつ高性能になったのは、電池の能力の発達、コンパクト化の歴史に他なりません。より小さいスペースで、より大きなパワーを。考えてみればすごいことです。

長い付き合いなのは単1、単2、単3などの乾電池でしょう。最近は繰り返し充電ができる「二次電池」と呼ばれるものも、ずいぶん普及しました。私も日頃から携帯ラジオをよく使いますし、ワイヤレスマウスなどでも、頻繁に使うものは充電タイプを使います。できるだけ「ゴミ」となるものを出さないように…。

「電池工業会」のサイトによると、2014年のアルカリマンガン電池の生産量は7.1億個です。日本人約1.2億人とすると、一人当たり約6本です。ニッケル水素電池は3.6億個。一人当たり約3本。2010年の統計を見てみると、ニッケル水素電池の生産量はあまり変わりません。アルカリマンガン電池の生産量は11.5億個でした。この5年でずいぶん減りました。それだけ二次電池が普及して、「使い捨て」をしなくなったということのあらわれでしょうね。

ただ、災害時など、停電で充電できなくなることも考えて、5年、10年の長期保存ができるタイプの一次電池も一定数は常備しています。一次電池、二次電池、その特性をよくよく理解して、うまく使い分けたいものですね。

盛んに写真を撮っていた頃は、フラッシュ用の電源で、ずいぶんとアルカリ乾電池を消費していました。年間30本以上は消費していたかもしれません。カメラ本体は専用の充電池を使うタイプにしていましたが、それでも今から考えると「消費社会」そのものです。

最近はデジタルカメラなどはほとんどが専用充電池です。それだけに…その充電器を紛失してしまうと、カメラが使い物にならないという危険性もあります。数台のコンパクトデジタルカメラを持っていますが、使いたい機種の充電器に限って、使いたいときにどこかにいってます。他のは目の前にあるのに。なぜなんでしょう? とほほです。

MAG2 NEWS