画像提供:マイナビニュース

写真拡大

米HPは11月2日(現地時間)、国際宇宙ステーション(以下、ISS)での利用にカスタマイズしたインクジェット複合機「HP ENVY Zero-Gravity Printer」を開発することを明らかにした。

今回の開発は、アメリカ航空宇宙局(以下、NASA)が、ISSに設置されている既存のプリンティング環境を置き換える決定を受けてのもの。HPは、ISSでの利用にカスタマイズした「HP ENVY Zero-Gravity Printer」の開発に着手した。

HP ENVY Zero-Gravity Printerは、既存製品「HP OfficeJet 5740プリンター」をベースとする。NASAからの要件定義として、ISSでプリンタを安全に稼動させるために以下が追加されている。

無重力状態でのペーパーマネージメント

難燃性プラスチック

無重力状態での廃インク管理

ガラス除去

有線および無線接続

複数の向きでの印刷(0度、90度、180度、270度)

環境試験(電磁波、原料、音響、可燃性、オフガス、電力互換性など)

そして今回、HP ENVY Zero-Gravity Printerは、特殊素材や3Dプリンタ制作のパーツを用いるkとおで、NASAが提示した条件をすべて満たすことに成功した。なお、HP ENVY Zero-Gravity Printerは、2018年2月にSpace-X 14に搭載され、ISSへと打ち上げられる予定だ。