鈴木奈々が”トイレ自撮り”を全国放送で垂れ流して視聴者からクレームの嵐

写真拡大

 鈴木奈々(29)が10月6日放送の『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)の中で、トイレでの様子を自撮りした映像をオンエアにのせて物議をかもしている。

「同番組ではある医師が提案する毎朝炭酸水&アーモンドで便秘を解消する方法を紹介し、鈴木はその方法を自宅で実践し、様子をスマホで撮ってレポートした。成果があったようで鈴木は体験3日目の朝に『今からトイレに行きます』と告げました。そのままトイレ使用の前後の様子だけを編集して映像で流すのかと思っていたら、なんとトイレ内にスマホを持ち込み、いきむ姿を自撮りしてそれを放送してしまった。MCの渡部建(45)は『こんな映像見たことないよ』とツッコミを入れていましたが、19時台とタイミング悪く、一般家庭では夕飯時だったこともあり、観ていた多くの視聴者は気分を悪くし、TBSにもクレームが寄せられたようです」(週刊誌記者)

 こうした番組内容にはSNSメディアでも批判が集まり、「表情だけとはいえ、食事時にやめてほしい」「マニア向けのAVかよ」「自称グルメの渡部は、夕食時間帯にこんなの放送して平気なんだ」と批判の声が飛び交った。

■モラルがユルすぎる? トイレトラブル続出の鈴木奈々

 これは番組を編集した制作側を責めるべきで、鈴木は渡されたカメラで必死に”仕事”をしていたに過ぎない。鈴木から渡された映像を編集して番組として放送したTBSに視聴者は怒るべきだろう。しかし、鈴木は過去にも下品なトラブルを度々起こしているだけに批判の声は鈴木にも飛んでいる。

「鈴木奈々は”トイレ”に対する羞恥心がないのか、この種の下品なトラブルが続出しています」と話すのはあるテレビ番組ディレクター。

「鈴木が昨年2月12日の『スッキリ!!』(日本テレビ系)の放送中に、いきなり下腹部をおさえ『トイレに行きたい』と言って、トイレに駆け込み、『スッキリ!!』と言って戻ってきたのは有名な話。15年にも『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)で、一般人の自宅を訪問中にガマンできなくなり、勝手にトイレを使用し『水が流れない!』と文句を言ってひんしゅくを買っています。さらに、今年7月24日の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)でも『海の中でオシッコをしている』と嬉しそうに発言して他の出演者をドン引きさせています」

 とにかく「排泄行為」にまつわる下品なエピソードを上げたらキリがない鈴木奈々。ほかにも関西ローカルの『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)では「年に2〜3回ほどおねしょをしていて、この前も買ったばかりの11万円のソファーの上でしてしまった」と告白している。毎回のように、この手のネタに嬉々として持ち込むのだ。

 昨今は鈴木に対して「キャラ作り」「ネタのバリエーション」と指摘する意見も多いが、29歳の女性として恥ずかしくないように、TPOをわきまえて振る舞ってほしいものである。

文・麻布市兵衛(あざぶ・いちべい)※1972年大阪府出身。映像作家、劇団座付き作家などを経て取材記者に。著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。