韓国の首都ソウルで、同国の文在寅大統領との共同記者会見に臨むドナルド・トランプ米大統領(2017年11月7日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】訪韓中のドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は7日、首都ソウルで行われた記者会見で、北朝鮮が世界全体に脅威をもたらしているとしながらも、同国の抑止という点では「大きく進展している」と主張した。

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-In)大統領との共同記者会見でトランプ氏は、完全な核武装国を目指す北朝鮮の動きに歯止めをかけるためには、自国のあらゆる種類の軍事力の行使を準備していると強調。

 しかしその一方で、「北朝鮮が自国民と世界中の人々にとって良い取引をするため、交渉のテーブルに着くことが理にかなっている」とも述べた。

 さらにトランプ氏は「北朝鮮は世界規模の行動を要する、世界規模の脅威」とした一方、「われわれは大きな進展をみせていると思う」と続け、北朝鮮問題の解決の鍵を握る人物だと頻繁に言及している中国の習近平(Xi Jinping)国家主席について、これまでずっと「非常に、非常に助けになっている」と評した。
【翻訳編集】AFPBB News