BBCの海洋ドキュメンタリー「Blue Planet II」の撮影中、死んだ鯨を追って水深700mにまで潜水艦で向かったクルーたちが、鯨の死体に群がるサメの群れに遭遇。サメが潜水艦に攻撃をしかける様子が記録されており、パニック映画のような映像となっています。

Sharks Attack Submarine - Blue Planet II Behind The Scenes - YouTube

海底へと潜っていく潜水艦。



ブループラネット2の撮影チームは、鯨の死体が海底でどのようになっているかを調査するため、水深700mまで潜っていったとのこと。



海底は暗闇の世界。



まず乗組員が目にしたのは……



ちり雲。突然海水が濁って視界が悪くなっています。「これは何かが起こっているはずだ」と直感するクルーたち。



ちり雲の向こうに見えてきたのはサメの姿。



「水深700mに鯨の死体を発見。回りには6匹のサメがいる」



サメの大きさは目測で6mほど。サメのえらからは鯨の血が生々しく流れています。



鯨の死体にかぶりつくサメの様子。



「こんな光景、見たことがない」「信じられない」



エサである鯨の死体を前にサメは非常に攻撃的になっており……



ライバルであるサメにかみつく姿もとらえられています。





撮影を続けていると……



潜水艦のことをライバルだと思ったのか、サメが近づいてきました。



フロントガラスに体当たり。



どんどん攻撃を仕掛けてきます。





潜水艦を後ろに押しやろうとしている様子。



「潜水艦はすごく頑丈だけど、ちょっと怖い……」



別のカメラから撮った映像を見ると、サメの攻撃がどのように行われているのかがわかります。ムービーで見ると、まるでパニック映画のような映像に思わず体が緊張します。



しばらくすると潜水艦はライバルではないと気づいたのか、サメたちは鯨の死体に再び集中しだしました。



なお、ブループラネット2のコンテンツは以下のウェブサイトから見ることができます。

Blue Planet II | New Series | BBC Earth | BBC Earth

http://www.bbcearth.com/blueplanet2