彼を虜にする女性になりたくありませんか?

男性を虜にできる女性と言えば、甘え上手な女性。

甘え上手な女性になるには、実際に、“甘え上手で愛される女性”に習うのが一番です。


そこで今回は、“男を虜にする甘えワード”をご紹介。甘え上手な彼女になって、彼に愛される女性になりましょう。

 

■「ギュッてして」

「ギュッとして」は、甘えワードの定番ですね。

どんなにツンツンしている女性でも、たまには“ギュッと抱きしめてもらいたい時”があるかもしれません。

そんな時は遠慮せず、彼や意中の男性に「ギュッとして」「抱きしめて」と伝えてみるのもアリかも。

気持ちを素直に伝えれば、頼られた男性としてはきっと嬉しく感じるはず。

 

■「○○されるの…好き」

「○○されるの……好き」というのも、男を虜にできる甘えワードですよ。

男性からすると、女心はなかなかわかりにくいもの。

直接言葉で伝えてもらわないと、自分がしてあげた行為に彼女が喜んでいるのかどうか不安に感じることも。

そのため、もしも自分がしたことに対して「好き」と言われたら、男性としてはもっといっぱいしてあげたくなります。

男性を虜にする甘え上手な女性は、そういった男性の気持ちを自然とくみ取ることができているから、愛されるのかもしれませんね。

 

■「もっと…」

「もっと……」は、様々なシチュエーションで使える甘えワードですよ。

「もっとして」「もっと言って」など、彼に何かを催促したいときは、モンモンとしていないで素直に言ってみましょう。

そうすればきっと、彼も優しく応えてくれますよ。

普段なかなか甘えられないという人ほど、ギャップがあって男性としても嬉しいはず。

 

■「寂しいよ…」

孤独を感じて寂しい時、その気持ちを彼に伝えられていますか?

甘え上手な女性が寂しさを感じた時は、素直に「寂しいよ……」と伝えることが多いようです。

気になる女性や大好きな彼女から「寂しい……」と言われれば、思わず抱きしめたくなるはず。

ただし、男性の性格によってはあまり伝わらないこともあるので、彼の性格を考えたうえで伝えるようにしましょう。

 

甘え上手な女性は、自分の気持ちを素直に伝えるのが得意。

今回の記事を参考に、あなたの素直な気持ちを彼に伝えてみてはいかがでしょうか。

【画像】

※ Syda Productions/shutterstock