画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●読めますか石見銀山、知っていますか世界遺産

島根県にある石見銀山は、2007年に『石見銀山遺跡とその文化的景観』として日本で14件目の世界遺産に登録されました。そう、2017年は登録から10周年という節目の年なのです。今回は、石見銀山の魅力を25項目の「行かなきゃ分からない石見銀山」と題して、現地からお伝えします!

○そもそも世界遺産って?

ちなみに石見銀山と書いて、「いわみぎんざん」と読みます。現在日本に21件ある世界遺産の中でも、突出した地味感(失礼!)のある石見銀山。某所が発表した「行ってよかった日本の世界遺産ランキング」でも、下から2番目という不名誉な順位だったとか。

テレビ番組にも旅行雑誌にもよく取り上げられる「世界遺産」。それだけに風光明媚な観光地ばかりのイメージですが、実はそうではないんです。世界遺産はユネスコが「顕著な普遍的価値」を認めた遺産のことで、観光地であることは二の次、いや、三の次くらいのものです。とは言え、人類にとって顕著で普遍的な価値があるなら、それは観るに値するものであるのは明白です。全ての世界遺産は、「行ってよかった」になるはずなのです。

石見銀山も当然この「顕著な普遍的価値」をもっています。ただし、この価値がぱっと見で分からないところに玄人感があるのです。ゆえに、これから怒涛の25項目で、そうした価値を含めた石見銀山の魅力を紹介します。

○(1)世界遺産センターがスゴイ

石見銀山へ行くなら最初に行くべきなのが、「石見銀山世界遺産センター」。建築そのものもいいのですが、何よりスタッフさんの説明が最高で必聴! プロのマシンガントークで、とらえどころのない『石見銀山遺跡とその文化的景観』の全体像が、ものの数十分で見えてきます。入館料だけでスタッフさんの説明も聴けるので、どんどんお願いしてみましょう。石見銀山こと初めは、まずここから。

●information

石見銀山世界遺産センター

島根県大田市大森町イ1597-3

○(2)温泉も、道も、港も世界遺産!

世界遺産センターで分かったのは、世界遺産に登録されている範囲は銀山だけでなく、鉱山街、銀を積み出した港と温泉街、そして、銀を運んだ道までもが含まれるということ。遺産名の「その文化的景観」とはこういうことなのです。総面積442.5ヘクタールは、東京ドームおよそ95個分という広さ。一回の訪問でバリエーション豊かな産業遺産を見ることができるんです。

○(3)江戸時代の町並みが残る大森地区

石見銀山が大森銀山と呼ばれていたことからも分かるように、銀山の麓にある大森地区はかつて鉱山産業で栄えた町。歴史地区として江戸時代の趣が今日も保存されており、美しい町並みは散策にぴったり。銀山というと坑道探索が真っ先に思い浮かびますが、石見では町人文化の粋に触れることができるのです。そして単に小奇麗な観光地ではなく、血の通った生活に息づいた町だということが、歩いてみると分かります。

○(4)世界遺産に住まう住民の歓迎の気持ちに触れる

10年前の2007年、石見銀山が世界遺産に登録されたことは、その経緯もあって日本中の大きな注目を集めました。そして翌2008年には観光客が大挙して押し寄せ、想像を絶する来訪に、大森地区では住民が普段の生活ができなくなる事態になったと言います。世界遺産登録が、そこに住む人々の暮らしを脅かしてしまったのです。それまで年に30万人ほどが訪れていた小村に、いきなり80万人が押し寄せたとあっては、その混乱ぶりも想像に難くありません。

暮らしを激変させる世界遺産観光の是非に、住民内でも意見が分かれたそうです。しかし、大森地区の人たちのスゴイところは、自らの暮らしに誇りを持ち、訪れる観光客を歓迎する姿勢を毅然と示したことです。「石見銀山 大森町住民憲章」にはこうあります。

「このまちには暮らしがあります。/私たちの暮らしがあるからこそ/世界に誇れる良いまちなのです。/私たちはこのまちで暮らしながら/人との絆と石見銀山を未来に引き継ぎます。」

憲章に込められた思いを、実際に町を歩くことで見ることができます。大森地区の住宅の軒先には、ちょっとした一輪挿しや、遊び心のあるモニュメントなどの飾りが見られます。これは、この地を訪れる人々に少しでもこの町を気に入ってもらいたいという住民のみなさんの計らいなのです。

この町を歩いていると、驚くほど住民の方から「こんにちは」とさわやかに声をかけられます。むしろ、観光客である私たちが「お邪魔してます」と言わねばならぬところを、です。先の住民憲章の最後はこう締めくくられています。「おだやかさと賑わいを両立させます。」

○(5)石見の暮らしを全国発信するショップ&カフェ

そんな大森地区には、散策の途中で立ち寄りたいショップがあります。石見銀山地域から発信する暮らし方や生活雑貨が全国的に支持を集める群言堂の本店は、大きな古民家を現代的に改築したショップ&カフェ。季節ごとに変わる入り口のディスプレイも見どころです。地域活性化のけん引役でもあるという同店は、注目のショップです。

●information

群言堂本店

島根県大田市大森町ハ183

○(6)重文・熊谷家では面白企画展が開催中

この地の有力商人であった熊谷家の住宅が、江戸後期の商人の生活や身分を伝える民家建築として重要文化財として大森地区で公開されています。大変に手入れの行き届いたお屋敷は、かつての暮らしを思わせる興味深いもの。合わせてこの10月からは特別展が2階で開催されています。

「パンと昭和」と題された展示には、昭和を生きた人なら涙が出ちゃう懐かしいものがたくさん。平成生まれの若者でもきっと、どこかノスタルジーを感じるはず。給食のパン、懐かしいですねぇ……。2019年3月まで開催予定。

●information

熊谷家住宅

島根県大田市大森町ハ63

○(7)「はんど」探しの散策も楽しい

まだ銀山にも入っていませんが、ふもとの大森地区には他にも見どころがたくさん。色と模様が特徴的な大きな水がめは「はんど」。この地で盛んな石見焼きでは、高温で焼くために堅牢で実用的なかめになるのだとか。

発色やグラデーションがキレイで、釉薬のかかり方も面白い。町中そこかしこにあるので、歩きながら探してみるのも楽しいです。小さなものは、お土産物屋さんや、(5)の群言堂さんでお求めいただけます。

○(8)大正時代の理容店はインスタ映えにも対応!?

今日では、インスタグラムで「いいね!」がつくかも旅の大事なポイント。フォトスポットはおさえておきましょう。大森地区にある大正時代創業の「理容店 アラタ」は、全国理容遺産第1号に認定された由緒正しい一軒。理容室での散髪が特別な時間であったことを物語る重厚なバーバー椅子は、座っての撮影もOK。シックなインスタ映えを約束します。

●information

理容店 アラタ

島根県大田市大森町ハ79

○(9)たったの500円! ガイドツアーがスゴイ

石見銀山は「行ってよかった世界遺産ランキング」の下位だと記事の冒頭に書きましたが、下位の他の遺産も「富岡製糸場」や「明治日本の産業遺産」など、揃いも揃って産業遺産。人類の産業活動を証する産業遺産では、派手な建物や感動する風景よりも、その背後にあるエピソードや営みに価値が認められます。そんなぱっと見ただけでは分かりにくい産業遺産を的確に、面白く伝えてくれるのが地元のガイドさんです。

石見銀山には「石見銀山ガイドの会」があり、2014年からはワンコインガイドを開始しました。ガイドを頼む、というと敷居が高いように思いますが、これなら大人500円(中学生以下無料)で2時間たっぷりガイドしてもらえます。

ガイドは銀山を歩く「龍源寺間歩コース」と、大森歴史地区を歩く「大森町並みコース」の2種類があります。素通りしてしまいそうなあれこれを、しっかり説明してもらえるガイドツアーはオススメです。1日に2〜3回(時期により変動)、それぞれ定員15人までなので、電話で予約をしておくと確実です。

●information

石見銀山ガイドの会

島根県太田市大森町イ824-3

では次からは、いよいよ石見銀山そのものへと行ってみましょう。もちろん、ガイドさんに案内してもらいます。

●これであなたも一攫千金!? 石見観光は猫と一緒に

○(10)日本でもレアな木造の小学校がある

大森地区から石見銀山へは約2kmの道のり。普通に歩くと長い距離ですが、ガイドさんの説明を聞きながらだと、銀山までの道端にもたくさんの歴史とエピソードが詰まっていて飽きることがありません。大森地区から数百m離れたところにある大森小学校も、そのひとつ。国内でも珍しい現役の木造校舎で、訪れた平日午前には子どもたちの声が教室から聞こえてきました。

石見銀山を擁する島根県大田市も過疎化による人口減に直面する中で、この人口400人ほどの大森地区の人口は微減に留まり、むしろ幼稚園には園児が増えているとのこと。小さな木造の小学校はこれからますます活気づいてくるはずです。

○(11)途中の道がたまらなくキレイ

大森地区から石見銀山までは、森林の中を歩くとても気持ちのいい道です。全て舗装されているので、レンタサイクルで駆け上がるのもいいですが、ガイドさんの説明を聞きながらちょっと道草をしつつ進むのがオススメ。

鉱山業に従事した多くの人を供養するために付近には古いお寺も多く、また清水谷精錬所跡などの遺跡もあっていよいよ銀鉱山へと気持ちが高まります。こうした寄り道には、自然の豊かさを感じることができ、何気ない美しさを実感します。それこそが、自然と共存した『石見銀山遺跡とその文化的景観』の特徴。秋には紅葉、冬には積雪でまた表情が変わるそうです。

○(12)間歩はそこらじゅうにある

銀山観光のハイライトとなるのが、間歩(まぶ)探索。間歩とは鉱石を掘るための坑道のこと。石見銀山では早くから「龍源寺間歩」を観光用に整備し、公開しています。しかし、間歩は大小含めると無数にあって、世界遺産登録された10年前から今日まで発見が続いています。

「龍源寺間歩」までの沿道にも、間歩をいくつも見つけることができます。こんな狭いところから坑道に入っていったとは……。ちなみに世界遺産登録される前、間歩が体系的な調査をされる前は、近隣の住人は冷蔵庫代わりに近くの間歩を利用していたそうです(笑)。

○(13)猫好きも楽しめる世界遺産

「龍源寺間歩」までの道のりには猫がたくさん。世界遺産(に暮らしている)猫と散策ついでに戯れてみては。

○(14)定番の龍源寺間歩で先人の営みを思う

石見銀山を観光する上で、欠かせないのが龍源寺間歩の散策。江戸時代に手で掘り進んだとはにわかに信じ難い規模をもつ坑道内は、ちょっとした探検気分。少し掘り試しては、銀が出ないため中断された坑道跡が、内部に幾筋も残っています。壁面に生々しく残るのみの跡は、銀を追って奥へ奥へと入っていった先人の執念を感じさせます。

○(15)ヘビノネゴザで一攫千金!?

こうして銀鉱山の営みに触れていると、そもそもどうしてこの地に銀があると分かったのか、そんな疑問が生じてきます。戦国時代末期に石見銀山を「発見」したのは、山師の安原備中守と言われていて、「観音様のお告げによって」発見したとのこと。その真偽はともかくとして、鉱脈があるかどうかを見分けるひとつの目安にヘビノネゴザがあります。備中もこれを参照したのではないか、とはガイドさんの言。

重金属を含む土壌でも生育できるシダ植物のヘビノネゴザは、他の植物が自生できない鉱床で独占的に生育します。つまり、ヘビノネゴザが群生しているところには、鉱脈のある可能性が高いということになります。ここ石見銀山でも間歩の付近を中心に、多くのヘビノネゴザを見ることができます。ヘビノネゴザの群生地を見つけることができれば、一攫千金も夢ではない……かもしれません。

○(16)登録10周年を記念! 新公開の間歩

そして2017年、石見銀山遺跡で最大級の間歩である「大久保間歩」に要注目のスポットが新たに加わりました。実はこれまで、予約ガイドツアー限定で公開されていた知る人ぞ知る間歩だったのですが、今年の世界遺産登録10周年を記念して公開範囲を拡大。「福石場」と呼ばれる巨大空間へ、新たに入れるようになりました。

この地を治めた代官の大久保長安が、馬に乗ったまま入ったためその名がついたとの逸話に、大きさのほどがうかがえる大久保間歩。舗装路で入り口まで歩けた龍源寺間歩とは違い、大久保間歩は山の中腹にあり、若干の登山を経て入り口に到達します。内部は今も水が滴り、ヘルメットと長靴、懐中電灯を携えての入坑です。中は真っ暗! そして、キンと冷え切っています。気分は川口浩探検隊。

真っ暗闇の中で懐中電灯を照らすと、思いの外頭上が高いことに気づきます。これは江戸時代に手掘りで形成された間歩を、明治時代の再開発でさらに拡張したため。明治期には火薬を用い爆破によって坑道を広げていったそう。

よく壁面を見てみると、ある一定の高さより上は凹凸の少ない滑らかな表面をしているのに対し、下側はごつごつと表面の角が立っています。上部が手でのみを振るった江戸時代、下部が火薬で爆破した明治時代です。手作業の方がキレイな表面だというのは、少し意外な気がします。

そして、間歩を突き進むこと最深部。これまで以上に大きな空間が広がります。ここが世界遺産登録10周年を記念して今年新しく公開された「福石場」。広大なスケール感に、ここから掘り出され世界へと輸出されていった銀の壮大な物語が重なります。

17世紀の世界経済を動かしたダイナミズムを、暗闇の中で思う時、石見銀山の世界遺産としての価値が感じられるはずです。2017年の大久保間歩のツアーは11月30日まで、金土日祝日のみ開催。2018年は3月の金土日祝日開催から再開します。

●information

大久保間歩一般公開限定ツアー

○(17)大久保間歩のミクロな楽しみ方

大久保間歩では足元にご注意を! もちろん暗がりで転ばないためでもありますが、実は足元にも大久保間歩ならではの見どころが。水溜りに懐中電灯をかざすと、なにやら小さな白いものが動くのが見えるはず。大久保間歩にしかいないというチョウセンメクラヨコエビです。暗闇に生息するため、目が退化し体の色素もないという特異な生き物。こんなところにも独自の生態系が息づいているんです。

○(18)山に溶け込む釜屋間歩

大久保間歩からまた少し山を登ると、趣の違う間歩にぶつかります。こちらは釜屋間歩。入場はできないですが、草に覆われているそのたたずまいに、「自然と共存した鉱山」という石見銀山のキャッチフレーズがしっくりきます。備中が見つけたというこの間歩の入り口には、今も多くのヘビノネゴザが生えています。

○(19)世界遺産は銀山だけじゃない

石見銀山の観光といったら、通常ここまで見てきた間歩がメイン。しかし、「石見銀山遺跡とその文化的景観」の世界遺産としての価値は、ただ銀山だけにあらず。山を登って、坑道を歩くだけではもったいない! 次のページでは、世界遺産の温泉(!)や街道、さらには世界遺産ではないけれど近隣の観光スポットを紹介します。

●たぬきが誘う世界遺産の温泉は激アツだった!

○(20)世界遺産の温泉は「温泉津温泉」

銀山からおよそ20km離れた港町、温泉津も「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産として世界遺産に登録されています。おおよそ銀山と関係のなさそうな港町が、なぜ世界遺産に登録されたのか? それは銀山で掘り出した銀を、この温泉津の港から世界へと輸出していたからなんです。

積み出し港として栄えた温泉津には、その名の通り温泉があり、多くの人々を惹きつけました。現在も港のある温泉街として、大森地区とは違った伝統的な町の景観が保たれています。ちなみに、「温泉津」と書いて「ゆのつ」と読みます。

○(21)たぬきがいっぱいの温泉津

この温泉津の町を散策していると、やけにたぬきの置物が目に付きます。それもそのはず、ここ温泉津はおよそ1,300年前に、たぬきが温泉で傷を癒やしているのを発見され温泉が開かれたと伝わる、たぬきの町。軒先や瓦の上、看板に市営バスまで(!)たぬき尽くしなんです。何頭のたぬきと出会えるか、数えながら温泉街をぶらぶらしてみては。

○(22)江戸っ子とたぬきは熱い湯が好き!?

そんな温泉津のたぬきが浸かったと言われる湯に今も入ることができます。「元湯」は、温泉津を代表する温泉のひとつ。源泉をそのまま使用しており、薬効豊かな湯を楽しめます。見るからに伝統的な趣きのある温泉で、シャワーも風呂イスもないという潔さ。スーパー銭湯に慣れた現代人に、「これが温泉ってもんよ」と教えてくれる湯です。

そしていざ入湯してみると……熱い! ゆっくりとしか湯に入っていけないほどの熱さです。3つある浴槽は温度別になっているとのことですが、どれも熱い! 熱い方が約45℃、ぬるい方が約41℃とのこと。ヒーヒー言いながら上がると、肌は真っ赤に。しかし、身体が冷めてくると、また入りたくなってくる不思議な魅力があります。

●information

元湯

島根県大田市温泉津町温泉津口208-1

○(23)石見神楽を見るなら温泉津で

島根県のこの地域は、神楽が盛んなことでも知られています。激しく舞う囃子を特徴とする石見神楽は、地域の人々の宝です。この神楽に魅せられて移住してくる人もいるほどの人気で、市民の娯楽として地域に定着しているそう。

温泉津では、龍御前神社で毎週土曜日の20時に定期公演が行われています。今回、残念ながら生の公演を観ることはできなかったのですが、昼の龍御前神社に立ち寄ると、3歳の男の子がひとりで神楽を舞っているところに遭遇しました。一緒にいた保護者の方いわく、「家で見たビデオに感化されて踊ってる」とのこと。伝統芸能が、市民の暮らしにしっかりと根付いていることを感じさせる出会いでした。

●information

龍御前神社

島根県大田市温泉津町温泉津ロ156

※夜神楽は毎週土曜日に開催

○(24)地酒は酒蔵で買う

温泉津が誇る酒造が「若林酒造」です。その銘柄である「開春」は、この地域の人々に長年親しまれてきた温泉津の味。温泉を楽しんだ後、地元の酒と魚で一杯やるというのはたまらない楽しみ方ではないでしょうか。オリジナルのお猪口はお土産にも◎。

●information

若林酒造

島根県大田市温泉津町小浜ロ73

○(25)「もうひとつの石見銀山」で銀山観光を極める!

ここまで、世界遺産としての石見銀山をじっくりと見てきました。さらにこの地を深く探求したい人には、もうひとつの銀山観光をオススメします。島根の銀山というと石見銀山が注目されますが、実は他エリアにも銀山はあり、多くの銀や鉱物を産出していたのでした。島根県邑南町の「久喜・大林銀山」は16世紀の中ごろには本格的に開発されていた銀山で、銀のほか鉛の産出量が多かったと言われています。

精錬所跡には「からみ」と呼ばれる、銀や鉛の精錬過程で廃棄される不純金属が大量に打ち捨てられていて、壮観です。足元に転がっている石ころの一つひとつが、銀を作るための産業廃棄物だと思うと、地形を変えるほどのその膨大な数に、圧倒されます。

見どころが分かりづらいと言われる産業遺産も、こうして現地に行くと見て感じるものが必ずあります。久喜・大林銀山は石見銀山からクルマで1時間強と近くはありませんが、「もうひとつの石見銀山」として訪れる価値のある場所です。

間歩の暗さと寒さに心もとなくなったり、温泉の熱さにうなったり、四季折々の山の美しさ(秋は紅葉シーズン!)を楽しんだり、地域の暮らしを全国に発信する雑貨&カフェでゆっくりしたり、この地で受け継がれる神楽に日本の伝統的な大衆芸術をみたり、田舎町だからこそ映える大正レトロ建築を愛でたり、地元の人から気持ちのいいあいさつをされたり。世界遺産の石見銀山を訪れると、昔からの人間の営みに触れる機会がたくさんあります。いつもより歩みをゆっくりと、散策してみませんか?

○世界遺産データ

『石見銀山遺跡とその文化的景観』。文化遺産。2007年登録。2010年範囲拡大。日本、島根県

○筆者プロフィール: 小俣 雄風太(おまたゆうた)

「世界遺産検定」事務局の編集広報部員。自転車ロードレースに魅せられ本場フランスに一年留学。その後イギリスのサイクリングアパレルブランドで広報を務め、世界各地で自転車に乗るうちに世界遺産を強く意識するようになる。検定を通じて世界遺産の魅力と意義を広めたいと奮闘中。

○世界遺産検定とは?

世界遺産の背景にある歴史、文化、自然等の理解を深め、学んだことを社会に還元していくことを目指した検定。有名な観光地のほとんどは世界遺産になっているため、旅の知識としても役立つと幅広い世代に人気。

主催: 世界遺産アカデミー

開催月: 3月・7月・9月・12月(年4回)

開催地: 全国主要都市

受検料: 4級3,000円、3級4,500円、2級5,500円、1級9,700円、マイスター1万9,000円、3・4級併願7,300円、2・3級併願9,500円

解答形式: マークシート(マイスターのみ論述)

申し込み方法: インターネット又は郵便局での申し込み

その他詳細は世界遺産検定公式WEBサイトにて。

世界遺産検定公式Twitter

世界遺産検定公式Facebook