ゴージャスな生け花や鉢植えでなくても、ちょっとした花があると、暮らしは豊かにしなるもの。買って帰った日のまま、しおれるまで飾り続けるという人も多いかと思いますが、飾り方・飾る場所を変えれば、毎日違った表情で楽しむことができます。


切ったりアレンジしたり…同じお花でもこんなに表情が変わります

今回はフラワーアーティストの梅田佳苗さんが、同じお花で7日間楽しむ方法を教えてくれました。●1日目:一輪を玄関に飾る


まずは茎が長いまま、花ビンもしくはあきビン(コーラのビンでもOK!)に活けます。ビンと同じ高さ分の茎が、ビンから出ているとバランスよく見えます。背が高いので、玄関など倒れても比較的安心な場所に飾りましょう。寝ぼけて倒してしまいそうなベッドルームには、背の高い花はあまり飾らない方が安心です。●2日目:緑を足してリビングに


同じビンにグリーンを足して、リビングに移動させましょう。そのとき、少し茎を切って切り口を新しくすることで花とグリーンの持ちがよくなりますよ。●3日目:実ものをたす


さらに、季節の実ものをたします。実ものがなければ、なにか丸いフォルムのものを加えてもいいでしょう。これでまた雰囲気が変化します。●4日目:短めに切ってお手洗いに


だんだんと茎の下の方が悪くなってくる頃なので、思い切って短く切ります。3日目までの花ビンより、口の広い花瓶がおすすめ。少ない花材でも、あえて空白を残すことですてきに見えます。●5日目:さらに短く切って、ミニビンにわけて部屋中に


今度はそれぞれを分けて飾りましょう。バランスよくまとめて一か所に配置するのもいいですし、洗面所・トイレ・棚の上などお家じゅうに飾れば、いろんな場所で花に目が止まり癒されます。●6日目:キャンドルと合わせてディナータイムに


分けて飾っていた5日目の花を一枚のお皿にのせて、キャンドルと一緒に飾ります。ディナータイムに火を灯せば、すてきでロマンチックな夜の始まり。●7日目:ベッドルームの壁にはる


キャンドルの熱でお花は弱るので、引き続き飾っても命はあとわずか。いっそ水を切って、ベッドルームの壁にマスキングテープで留めてみましょう。一気にフォトジェニックな空間になります。●おまけ:押し花にする


花びらを押し花にすれば、いつまでも手元に残して置くことができます。できあがった押し花はしおりにしたりレジンアクセサリーにしたりして、ぜひお花を存分に楽しんでくださいね。

●教えてくれた人
【梅田佳苗さん】
フラワースタイリスト、草月流師範。2011年フラワーユニット・ネノウワサ(現ねのうわさ)を立ち上げ、ギフト、イベント装飾、ワークショップなどを手掛ける。結婚、海外移住、出産を経て2016年からは「knot end flower」として、空間装飾、撮影、執筆など、幅広い分野で活動。​