83分から途中出場の中村が水戸の息の根を止める貴重な追加点を決める。(C) J.LEAGUE PHOTOS

写真拡大

 J2リーグは11月5日に各地で40節の11試合が行なわれた。
 
 2位・長崎と11位・水戸の戦いは45分、ポストに当たった跳ね返りを長崎の飯尾竜太朗が押し込み先制ゴールを挙げる。後半は水戸にボールを支配される長崎だったが、試合終了間際の90+4分に、カウンターから中村慶太がGKとの1対1を制して冷静に流し込み2-0と快勝。自動昇格圏内をキープした。
 
 また4位・福岡は前節J2優勝を決めた湘南とホームで激突。27分にウェリントンのゴールで先制に成功した福岡は、59分に湘南の石川俊輝のゴールで同点とされるも、66分に石津大介がペナルティエリア内でボールを拾うと、華麗にディフェンダーをかわしてシュートを突き刺し、再びリードを奪う。その後は首位・湘南を相手に得点を許さなかった福岡が2-1で競り勝ち、貴重な勝点3を積み上げた。
 
 一方、岡山と対戦した3位・名古屋も青木亮太のゴールを守り抜き、1-0の勝利。この結果、前節から変わらず2位・長崎(勝点74)と3位・名古屋(勝点72)、4位・福岡(勝点72)のポイント差は『2』。長崎はいよいよJ1昇格に王手をかけた。
 
 今シーズンも残り2試合、J1自動昇格争いは目の離せない展開となってきた。
 
J2リーグ順位表
 
各試合のスコアは以下の通り(クリックすると、各試合の採点記事に移動します)。
 
11月5日(日)
水戸  長崎(Ksスタ)

横浜FC 2-0 熊本(ニッパツ)

岡山  名古屋(Cスタ)

千葉 2-1 町田(フクアリ)

金沢 1-1 岐阜(石川西部)

讃岐  松本(ピカスタ)

大分  山形(大銀ド)

東京V 1-2 山口(味スタ)

愛媛 1-3 徳島(ニンスタ)

福岡  湘南(レベスタ)

群馬 1-1 京都(正田スタ)