「熱が出た。故郷の粟がゆを食べたい。上海ガニも食べたい」―メモ用紙の1枚1枚に書かれているのは全て、学生たちが食べたいと思っている郷土料理だ。

写真拡大

「熱が出た。故郷の粟がゆを食べたい。上海ガニも食べたい」―メモ用紙の1枚1枚に書かれているのは全て、学生たちが食べたいと思っている郷土料理だ。安徽省の合肥工業大学の学生が「暖心食堂(心温まる学食)18号窓口」と呼ぶ学食のカウンターでは、毎日、心のこもった料理と心温まる物語ができあがる。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

朱倩さんは、「料理注文ボード」左上の隅を指差した。そこには、小さな文字がぎっしりと詰まった1枚の小さなメモがひときわ目立っていた。「今日は私の誕生日なので、陽春麺をリクエストした。実家にいた頃は特に好きだったわけではなかったが、長い間帰らないでいると、急に食べたくてたまらなくなる」と朱さん。食堂の作業員は、「午後5時半に、18番窓口に必ず来て下さい」と返事した。

朱倩さんは、「この陽春麺は、この4年間で食べた中で最もおいしい1杯だった。食堂のおじさんやおばさんがみんな集まり、私のためにバースデーソングを歌ってくれた。春の日差しより暖かい気持ちで胸がいっぱいになった」と話した。

「私のような、家から遠く離れた大学に入学した新入生にとって、異郷で故郷の料理を味わうことは、本当に感動的な出来事だ」と話す西安出身の1年生・董夢茹さんは、「料理注文ボード」に、「陝西の涼皮(冷麺のような料理)を食べたい」というメモを残した。

料理注文ボードでリクエストされる確率が高い上海ガニは、学生が大いに期待するメニューだ。学食の作業員は、「近いうちに、学生さんは5元(約430円)以下で上海蟹を食べることができるようになる」と話した。

食堂のおじさんは、「鍋包肉(薄切り豚肉の甘酢炒め)の特別イベントをやります。沢山召し上がれ!」というとっておきの情報を注文ボードに貼った。学生たちがリクエストする料理は、最近ますますバラエティーに富むようになった。同校新第二食堂で現場マネージャーを務める王登峰氏は、「9月に料理注文ボードを開始した当初、料理のリクエストはまだ多くなかったが、1カ月余りたった今では、1日50件から70件のリクエストが来ている」と話した。

王氏は「この注文ボードを作ったきっかけは、食堂への意見書だった。学食で出しているトマトと卵の炒め物について、ある学生は『少し甘くしてほしい』という希望だったが、別の学生は、『もう少し塩味がきいている方が良い』と書いた。これらの正反対のリクエストから、『一人一人に対応したカスタムメイド』という考え方が頭に浮かんだ。学生たちが、自分の好みの味を書いてくれれば、学生一人一人のそういった希望にできる限り応えるようにしたい」と続けた。(提供/人民網日本語版・編集/KM)