6日、再ドラマ化される「花より男子」から最新の「F4」を演じる俳優4人が決定し、ファッション誌のグラビアでお披露目されている。写真は梁靖康。

写真拡大

2017年11月6日、再ドラマ化される「花より男子」から最新の「F4」を演じる俳優4人が決定し、ファッション誌のグラビアでお披露目されている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

2001年放送の台湾ドラマ「流星花園〜花より男子〜」では、主人公のイケメン4人組「F4」がそのままアイドルユニット・F4となり、アジア中で人気沸騰した。同番組のプロデューサーで、「アイドルドラマの母」と呼ばれるアンジー・チャイ(柴智屏)氏が今年4月、16年ぶりに再びドラマ化することを発表。このほどファッション誌「Harpers Bazaar」(ウェブ版)を通じて、最新「F4」の顔ぶれが初めて公開された。

最新「F4」に選ばれたのはいずれも新人で、中国から23歳の梁靖康(リャン・ジンカン)、21歳の呉希澤(ウー・シーザー)、19歳の王鶴棣(ワン・ホーディー)、台湾から22歳の官鴻(グアン・ホン)の4人。平均年齢は21歳、平均身長は185センチで、今年6月にスタートしたオーディションで約3万人の中から厳選されたもの。4人が「F4」の誰を演じるのかについては、今月9日に開催する制作発表会で明らかになる予定だ。

4人の中でやや顔と名前を知られているのは、これまでモデル活動をしてきた梁靖康のみ。中国でドラマ化された「深夜食堂」にも出演している。明らかになった最新「F4」についてネットの反応もおおむね良好で、「顔面偏差値は合格」「背は高いし顔もきれい。ビジュアル的には文句の言いようがない」といった声が寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda)