ジョーイ・バッドアス、バンド・セットでの来日決定

写真拡大

 <プロ・エラ>(Pro Era)を率いる若干22歳の米NYヒップホップ・シーンのカリスマ、ジョーイ・バッドアスがバンド・セットで来日する。

 1995年生まれ、米ブルックリン出身の若手ラッパー=ジョーイ・バッドアス。弱冠13歳の頃に友人のキャピタル・スティーズ(CapitalSTEEZ)らと共にプロ・エラという自身のクルーを結成。YouTubeに公開したフリースタイル映像が、ソニー系列のインディ・レーベル<Cinematic Music Group>の社長の目に留まり、2010年に15歳で同レーベルと契約。2012年に発表した自身初のミックステープ『1999』が高く評価され、230万ダウンロードを突破するなど、一躍注目の新人として脚光を浴びた。

 そして 2015年1月20日、20歳の誕生日にデビュー・アルバム『B4.Da.$$』(ビフォアー・ダ・マニー)を発表。ナズが19歳で発表したデビュー作『Illmatic』とも比較されるなど話題となり、iTunes Storeでは全世界16か国でアルバム総合チャート1位を獲得、米ビルボード・アルバム・チャートでも総合で初登場5位、R&B/Hip-HopAlbumsチャートでは初登場1位を飾った。そして同年7月には<FUJI ROCK FESTIVAL>への出演で初来日を果たした。

 今回、デビュー作から2年ぶりとなる新作『ALL-AMERIKKKAN BADA$$』を引っさげ、ライブ・バンド・セットでの初の単独公演が実現。公演は、2018年1月23日に東京・渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催され、チケットの一般発売は11月25日からとなっている。


◎公演情報
東京 2018年1月23日(火)渋谷TSUTAYA O-EAST
前売り:6,800円(スタンディング/税込/1ドリンク別)
OPEN 18:30 / START 19:30
チケット一般発売:11月25日
INFO:SMASH http://smash-jpn.com