会見するトランプ氏(左)=7日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大 (全5枚)

【ソウル聯合ニュース】韓国を訪問中のトランプ米大統領は7日、戦略兵器の巡回配備など北朝鮮の挑発に対抗するため米国が行ったさまざまな武力誇示と関連し、「実際に使用することがないことを望む」と述べた。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談後に行った共同会見で報道陣の質問に答えた。

 トランプ氏は「今は北朝鮮が正しいことをするようにすることが重要だ。それが人類のためにも正しいことだ。(北朝鮮が)立ち向かえないほどわれわれの力を見せつけており、このように力を誇示したことはない」と説明した。

 また、「北朝鮮が交渉のテーブルにつき、われわれと合意するのは北朝鮮住民にとっても全世界の市民にとっても良いことだ。私はこの部分で動きがあると考えており、見守っている」と話した。

 米朝間の直接対話の可能性については「言及しない」と回答を避けた。