血液型【年下の恋人】あるある A型は母親のように細かいことでも世話を焼く!

写真拡大

 同年代の恋人と比べ、年下の恋人は価値観や考え方が違って新鮮な発見があります。もし、あなたが年下の恋人と付き合ったら、どうなるでしょうか? 血液型別に見ていきましょう。

■A型……お母さんキャラになり世話を焼く
 気配り上手で神経細やかなA型。ちょっぴり頼りない年下の恋人を見ていると、つい世話を焼きたくなってしまいます。たとえば、身だしなみをチェックしてダメ出しをしたり、部屋の掃除をしてあげたり、相手の好物を作り差し入れしてあげたりするでしょう。まるでお母さんのように、年下の彼を大きな愛で包み込むのです。

■B型……年齢など気にせず、対等に付き合う
 マイペースなB型は、恋人が何歳でも、それにより態度を変えることはありません。対等に付き合いたいと思っているので、年下だからといって、甘やかしたり、遠慮したり、することはないでしょう。言いたいことがあれば面と向かってハッキリ言います。デート代もおごったりせず、きっちり割り勘派です。

■O型……少しでも若く見られるよう努力する
 プライドの高いO型。デート中、恋人の友達とバッタリ会ったりしたとき、「もしかしてお姉さん?」などと言われたら、屈辱的だと思っています。そのため、美容に凝ったり、ファッションを若々しいものに変えるなどして、少しでも若く見られるように努力します。年下の恋人と並んで歩いたとき、同い年のカップルに見られたいのです。

■AB型……甘えられず、ストレスがたまる
 繊細で傷つきやすいAB型は、恋人には、愚痴をこぼしたり、弱音を吐きたくなることが多々あります。しかし、恋人が年下だと、遠慮して甘えることができません。そのため、付き合い続けていくうちに、ストレスがたまっていくでしょう。やっぱり付き合うなら年上がいいかもと、自分から別れを切り出す可能性大です。

 本当に気が合い、居心地のいい相手なら、自分が年上であることなど忘れてしまえるでしょう。年下の恋人ができたなら、年齢差をあまり気にせず、相手との恋を思いっきり楽しみましょう。
(紅たき)※画像出典/shutterstock