Touch ID(指紋認証)と同様、iPhone Xに搭載されたFace ID(顔認証)も、ユーザーの顔情報はAppleのサーバーではなく、それぞれのiPhone内部に暗号化されて保存されています。だからこそ、ユーザーのプライバシーは確保されていると、Appleは強くアピールできるのです。しかし、サードパーティー製アプリの場合は、同じレベルでプライバシーが尊重されているというわけではなさそうです。

ユーザーのデータは開発者のサーバーに集積される

iPhone Xに搭載されたTrueDepthカメラは、サードパーティーにも開放されています。したがって、アプリの開発者は、Appleが提供する「アニ文字」のように、同カメラの3Dマッピング機能を駆使して、セルフィーアプリなどでマスクを用意したり、プレイヤーの泣く・笑うといった感情表現をゲームアプリ内で再現したりすることができます。
 
しかし、Reutersによると、Face ID(顔認証)のためのデータがiPhone Xの端末内に保存されているのと異なり、これらユーザーの感情表現データは開発者が用意したサーバーに保存も可能です。したがって、ユーザーがどのくらいの頻度で瞬きしたり、笑ったり、眉毛を釣り上げるのかといったデータを集積することができるというわけです。

マーケティングに使われない保証はない

ここで問題が発生します。サードパーティーに流れたデータは悪用されることがないのでしょうか。
 
幸いにも、Appleがセキュリティ研究者に公開した顔認証のアンロックに関する資料によると、顔認証に用いるのは、顔のビジュアルマップというよりも、顔の“数学的表現”なので、サードパーティーが集積したデータをアンロックのために悪用することはできないそうです。
 
しかし、依然としてユーザーの顔情報がサードパーティーに流れるという問題は残っています。もちろん、Appleはユーザーのデータをブローカーや調査会社に売り飛ばすことを厳禁していますが、だからといってこれまで様々なアプリが問題視されてきたように、マーケティングなどの用途で用いられない、という保証はどこにもないのです。
 
すでにFacebookを見れば、世界中の人間の顔情報がネット上で確認できるように、今さら目くじらを立てる問題ではないという見方もあるでしょう。しかし、プライバシー尊重を社是としてきたAppleにとって、アプリ開発者の自由にさせておく状況を看過することはなさそうです。
 
 
Source:Reuters
(kihachi) 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ