画像提供:マイナビニュース

写真拡大

マネーツリーは、同社の金融インフラプラットフォーム「MT LINK」が、中国銀行が提供するスマートフォン用セキュリティアプリ「中国銀行アプリ」(iOS版/Android 版)に採用されたことを明らかにした。

これにより、中国銀行アプリでは、11月1日(水)より「MT LINK」経由で「一生通帳 by Moneytree」の機能が導入され、中国銀行の口座明細(普通預金、定期預金、貯蓄預金、カードローン)を閲覧したり、いつでも入出金明細が確認できるようになった。今後は、TSUBASA金融システム高度化アライアンス加盟行による「TSUBASA FinTech共通基盤」への将来的なAPI接続が予定されているという。

今回の中国銀行の採用で、弊社の金融インフラサービス「MT LINK」の連携社数は、合計31社となりました。