出しっぱなしだと生活感が出がちな洗剤類。もっと家事のやる気があがるような、すっきりシンプルなアイテムでそろえたい!と思っている人も多いのでは? 「じつは100円ショップのセリアには、白くて清潔感のあるつめ替えアイテムが豊富。しかも容量もちょうどよく、きれいにつめ替えられるんです」。そう教えてくれたのは、100円グッズにまつわる著書もある政尾恵三子さん。政尾さんが愛用している、イチオシのつめ替えアイテムを教えてもらいました。


家事のモチベーションをあげてくれる、セリアのオシャレで使えるボトル4つ

●掃除用洗剤にはスクエア型のスプレーボトル


キッチンで政尾さんが愛用しているのは、セリアの「スプレーボトル おそうじ詰め替え用」。政尾さんはキッチンの油汚れ用洗剤や住居用洗剤、アルコールをつめ替えて使用しています。「商品ラベルをはがすと、本体がすべて真っ白でシンプルなところがお気に入り。さらに、ノズルが霧状と直射で切り替えができるので、用途に合わせて使い分けができ、優秀なんです」。角ばったデザインなので、デッドスペースができずにすっきり収納できるのも高ポイント。

●洗濯用洗剤には液だれにくい洗濯洗剤ボトル


洗濯用洗剤におすすめなのは、液体洗剤、柔軟剤、濃縮洗剤をつめ替えられる「洗濯洗剤ボトル 詰め替え用」。注ぎ口が大きくてつめ替えやすいうえ、液だれしにくいすぐれもの。容量が500mlと大きいので、洗剤が一度できれいにつめ替えられます。「下のキャップも外せるのできれいに洗えます。ボトル本体も強度があるしっかりしたつくりで、高コスパ商品です」。

●ジェルボール型洗剤には口の広い洗濯洗剤ケース


一方、ジェルボール型洗剤や粉洗剤を入れているのは「洗濯洗剤ケース 詰め替え用」。「900gと大容量サイズの開け閉めしやすいフタつきケース。取り出し口がとても大きく、手がすんなり入るので、残り少なくなったジェルボールもストレスなく取り出せます。少し丸みのあるデザインもおしゃれです」。

●入浴剤にはスタイリッシュな入浴剤ボトル


最後におすすめしたいのが、「入浴剤ボトル 詰め替え用」。こちらもパッケージを取り除けば、真っ白に変身します。容量が500mlにも関わらず、とてもスタイリッシュでコンパクトなデザイン。「無印良品にも同様のものが出ていますが、隣に並べても違和感がないほどで、使い勝手もあまり変わりません。バスソルトやドライクリーニング用の洗剤を入れ、並べて使っています」。

どのつめ替えボトルもパッケージを外すと真っ白になるので、ラベルをはって自分なりにアレンジして使うこともできます。掃除用洗剤や洗濯洗剤がすっきりシンプルになるだけで、不思議と気分が上がり、家事が楽しくなります。ぜひ、セリアのつめ替え容器で洗剤類のホワイト化、試してみては?

●教えてくれた人
【政尾恵三子さん】
DIYやリメイクが得意。おすすめの100円グッズやその使い方を紹介するブログ「HOME+aholic」を更新中。著書に『いつもの100円雑貨なのになぜだかおしゃれに見えるプチDIYの魔法(暮らしニスタLife Style Book)』(主婦の友社刊)がある。