今年もまた、この季節がやってきた。今季Jリーグも最終盤を迎え、優勝争いや昇格争いとともに、残留争いが佳境を迎えている。

 今季J2も残すところ、あと2節という現在、J3へ降格してしまうか否かの瀬戸際に立たされているのが、レノファ山口である。


J3降格の危機に直面しているレノファ山口

 11月5日に行なわれたJ2第40節、前節終了時点で21位の山口は、アウェーゲームながら同6位につける東京ヴェルディを2-1で下した。前半を0-1で折り返しながら、後半に2点を奪い返す、鮮やかな逆転勝利だった。

 しかしながら、この勝利で勝ち点3を積み上げた山口は、20位のロアッソ熊本との勝ち点差を3に縮めたものの、順位は21位と変わらず。全22クラブ中、下位2クラブがJ3自動降格となるJ2においては依然、降格圏に沈んだままだ。

 JFL時代から山口でプレーするMF鳥養(とりかい)祐矢は、「今季は(昨季から)大幅に選手が入れ替わり、開幕当初からなかなか自分たちらしく戦えず、今の順位のままここまで引っ張ってしまったことに、不甲斐なさというか、責任を感じている」と、逆転勝ちにも笑顔はない。

 確かに、残り2試合で勝ち点3差をひっくり返すことは容易ではない。それでも、「ここ4試合はチームが少しずつよくなり、もうひとつ上のレベルでプレーできている」とカルロス・マジョール監督。今季途中からチームの指揮を執るアルゼンチン人監督は、「残り2試合は勝利が絶対条件だが、今日と同じような姿勢で臨めれば、また勝てると思う」と前向きに語る。

 鳥養もまた、「後半のサッカーには手応えがあった。うちはロスタイムの失点が多いが、その反省を生かし、今日はピンチでも体を張って守れた。何とか残り2試合で残留をつかみたい」と、悲壮な覚悟をうかがわせた。

 振り返ってみると今季の山口は、大幅な選手の入れ替えによる戦力ダウンを不安視する声が少なくないなか、開幕当初から苦しい戦いを強いられ続けた。

 一昨季J3を制した山口は昨季、J2昇格1年目ながら、一時は3位まで順位を上げるなど大躍進。最終順位は12位にとどまったが、”ルーキーイヤー”としては合格点と言っていい成績を残した。

 ただ、躍進によって集めた注目の代償も大きかった。古今東西、中小クラブの常とはいえ、昨季の主力選手が大量流出。とりわけ、FW中山仁斗(→モンテディオ山形)、MF島屋八徳(→徳島ヴォルティス)、MF福満隆貴(→セレッソ大阪)、MF庄司悦大(→FC岐阜)、DF小池龍太(→柏レイソル)ら、山口の売りである攻撃において重要な役割を果たしてきた選手たちを、まとめて失ったのは痛かった。

 そして、シーズン序盤から苦戦が続くと、勝ち点10の20位と低迷していた第15節終了時点で、上野展裕監督を解任。暫定監督として猿澤真治アカデミーダイレクターが指揮を執った2試合を挟み、マジョール監督が就任するに至った。だが、それでも成績が大きく改善されることはなく、現監督就任後の23試合で8勝15敗の勝ち点24と、勝ち点のうえでは序盤戦よりも上向いたが、順位のうえでは前監督解任時を下回る21位に後退する結果となっている。

 2013年には地域リーグ(中国リーグ)を戦っていたに過ぎないクラブが、2014年にJFLへ新規加入すると、1年目にして4位となり、J3昇格。2015年には圧倒的な得点力を武器にJ3で優勝を果たした山口は、わずか3年でJ2まで駆け上がった。

 他に例を見ない”スピード出世”は称賛に値するが、一方で、そのスピードに”クラブ力”がついてこられず、山口は現在、大きな壁にぶち当たっている印象を受ける。

 現在の残留争いは、いわば山口がJクラブを目指して以降、初めて直面すると言ってもいい苦境だろう。そんな状況にあって、クラブは適切な対応ができたのだろうかと考えたとき、どうにも疑問をぬぐえないのが、今季途中の監督交代である。

 もとを正せば、昨季までの山口の強さは、すでにJリーグで実績のある選手や、有望な新卒選手を集めて成り立っていたわけではない。それまでJリーグでプレーしたこともないような無名選手を鍛え、豊富な運動量をベースに判断と連係を磨くことで、地域リーグを戦っていたクラブは短期間でJ2の中位につけるまでに成長した。

 選手ありきではない、そんな叩き上げの集団を作り上げたのは、言うまでもなく、JFL時代から指揮を執ってきた上野前監督である。

 それを考えれば、選手が入れ替わったことで多少の時間はかかったとしても、選手がピッチ上をハツラツと駆け回る”レノファらしい”攻撃サッカーが、再び見られる可能性は十分にあったはずだ。

 実際、ある選手からは「結果は出ていなかったが、サッカーの内容はよくなってきていたのに、なぜ(監督を)代えたのか……」という声も聞かれた。上野前監督が退任時にクラブを通じて出した「新加入の若い選手たちが伸びてきて、さあ、これからというときだっただけに残念でならない」というコメントも強がりばかりとは言えない。

 結果論とはいえ、監督交代が下位低迷から抜け出す特効薬とならなかったことも、クラブの判断が適切だったのかどうかの疑問を膨らませる。

 何より選手やその関係者から、マジョール監督に対する不信感が聞こえてくるのは気になるところだ。曰く、「選手の調子に関係なく、自分の好き嫌いで選手を起用している」「レノファらしさよりも、自分の色を出すことばかり考えている」「観光気分で日本に来ているというか、本気でチームを強くしようと思っているのか疑わしい」といった具合である。

 確かに前述のヴェルディ戦を見ても、前半は”実質6バック+2ボランチ”という超守備的布陣で臨み、ヴェルディにゲームを支配され続けた。数だけそろえても守備組織としては機能せず、前半のうちに試合が壊れていても不思議はない愚策だった。

 結果的に後半開始からの布陣変更と選手交代が奏功し、逆転勝利に至った。だが、前半の戦いが致命傷となる危険性もあったはずだ。

 マジョール監督は「前半はしっかり守って、後半攻撃に転じるプランだった」と、あくまでゲームプランどおりを強調したが、後半のようなアグレッシブなサッカーができるのに、なぜ超がつくほどの消極的なサッカーを選択したのだろうか。一見、してやったりの逆転勝利も自作自演。単なる結果オーライにも見えるのだ。なるほど選手が不信感を抱いたとしても、不思議ではない。

 一昨季のJ3で、そして昨季のJ2で、山口のサッカーから受けたインパクトは強烈だった。ピッチ上の選手たちがケレン味なく走り回り、1点取られたら2点を、2点取られたら3点を取り返そうとするサッカーは痛快で、理屈抜きに見ていて面白かった。

 だからこそ、そんな極上のエンターテインメントを提供してくれたクラブが、この期に及んで一枚岩となって戦えていないのだとすれば、こんなに残念なことはない。

 実を言えば、仮に山口が21位に終わったとしても、J3へ降格する可能性は現時点でかなり低い。というのも、もし今季のJ3で、J2ライセンスを持たないクラブが2位以内に入った場合、J3からの昇格クラブはなくなり、それに合わせてJ2からJ3への降格もなくなるからだ。

 J3第30節終了現在、1位の栃木SCはJ2ライセンスを持つものの、2位を争うブラウブリッツ秋田とアスルクラロ沼津は、いずれも持っていない。もちろん最終的に順位が確定するまではわからないが、現状においては栃木以外のJ2ライセンスを持つクラブが、2位以内に入る可能性はほとんどなく、つまりは、今季J2で21位になったクラブがJ3へ降格する可能性もほとんどないということになる(栃木がJ3で3位以下に終われば、群馬も降格を免れる)。

 それでも山口が現在、危機に直面していることは間違いないだろう。少なくとも、大きな危機に発展しかねない火種が、クラブのなかでずっとくすぶり続けている。

■Jリーグ 記事一覧>>