マヌスの収容施設内で窮状を訴えて集まる収容者たち。11月5日撮影

1台のスマホが照らす豪州難民施設の真実」(4月19日配信)、「トランプ劇場に踊らされ見失いがちな『本質』」(3月4日配信)、「トランプの難民排除、知られざる意外な矛盾」(2月1日配信)と、これまで3回にわたって報じてきたオーストラリア政府が設けた難民収容施設の実態。その「閉鎖」をめぐって今、にわかに世界中から厳しい視線が注がれる事態となっている。大物ハリウッド俳優までもが声を上げ始めた。

ついに「閉鎖」を迎えた施設が大混乱

難民受け入れに対して厳しい姿勢を取るオーストラリア政府は、イランやアフガニスタンなどから戦火を逃れてボートで海を渡ってきた難民申請者たちを海上で強制的に拿捕し、隣国のパプアニューギニアのマヌス島などに設置した収容施設へ収容してきた。

この実態に国際社会から人権侵害だとの批判が続出、昨年パプアニューギニアの最高裁判所が憲法違反の判断を下したことを受けて、同収容施設が先月31日、遂に閉鎖された。

その施設の「閉鎖」が今、思わぬ騒ぎに転じている。収容されていた約600人(その多くが難民認定を受ける資格を持っていると推定されている)に対して政府が取り急ぎ移動するよう指示したが、島内の代替施設周辺の治安が悪く、地元民らに襲撃されるおそれがあることなどから、移動を拒否する難民申請者が続出したのだ。

施設の一部はいまだに建設中でライフラインが通っておらず、「コンテナしかない状態」などの報告もされており、1度施設を出て移動を始めた収容者たちが再び歩いて閉鎖された施設に戻る姿が見受けられるなど、混乱が続いている。

一方、元の施設は事実上「閉鎖」されたため、水道、電気、ガスなどの供給がすべて打ち切られているほか、食事の提供もストップしている。現在も施設内にいる収容者の男性によると、困窮した収容者たちは雨水を求めて自力で何時間も土を掘るなど目を疑うような光景が繰り広げられているという。

彼は「その水は飲めるほどに清潔なのかは誰もわからないが、皆水分を求めて沸かして飲んでいた」という。それらの水を瓶に詰め、塩や砂糖などを加えて空腹をしのいでいるほか、シャワーも出なくなっているため、空から降り注ぐスコールをシャワー代わりに体を洗うなどして、なんとか生活を続けている状況だ。

収容されているあるロヒンギャ難民の男性はひどい腹痛を訴え、一時的に意識不明の状態に陥ったほか、1日早朝には精神的に疲弊した収容者の男性が腕や胸を自らナイフで切りつけるなどの騒ぎも起きたという。

安全な寝場所の確保もままならない


飲用水を求めて土を掘る難民申請者。煮詰めて塩や砂糖を加えて飢えをしのぐ。11月1日撮影


雨が降り注ぐタイミングでシャワー代わりに体を洗う収容者たち


安全な寝場所の確保もままならない深刻な状態が続いている。11月6日撮影


火を起こしてわずかに残ったミルクを沸かす収容者

この異常な事態に今、オーストラリア国内だけでなくアメリカCNNやニューヨーク・タイムズ、英紙ガーディアンやBBCなど世界中のメディアが問題視。各地でのデモ活動なども含めて相次ぎ報じ始めている。



メルボルンやブリスベンなどオーストラリア各地で難民政策を非難して抗議を示す市民ら

ハリウッド俳優も過酷な現状を糾弾

そして、ハリウッドの実力派映画俳優、ラッセル・クロウもソーシャルメディアを通じて声を上げた。施設が閉鎖された翌日の今月1日、ツイッターで「マヌスの収容施設は、オーストラリアの恥だ。この上ない不名誉である」と投稿。さらに「施設内に収容されている6人の難民に家と仕事を探すことが可能だ。同じことをほかのオーストラリア人もすると信じている」と、自ら難民を受け入れる意思があることを表明したのだ。


映画俳優ラッセル・クロウ氏のツイッターより。自ら難民を受け入れる意を表明

さらに、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン新首相は、人道的な観点から「島に収容されている150人の難民をニュージーランドが引き受ける用意がある」と呼びかけたものの、オーストラリアのマルコム・ターンブル首相は、先にバラク・オバマ政権との間で合意に至ったアメリカとの難民交換協定を優先しなければならないと、申し出を現時点で断った。

これに対し、野党のビル・ショーテン労働党党首はニュージーランド政府の呼びかけを受け入れるべきだと発言。さらに緑の党党首も「マヌス島の収容施設は人道的観点から破綻している。ニュージーランド政府のほうが真摯に対応している」と政府の対応を強く批判した。

先に合意されているアメリカとの難民交換協定においては、ドナルド・トランプ大統領が就任後、ターンブル首相との電話会談で「バカな合意だ」と批判。先月ようやく、アフガニスタンやソマリアなどからボートで逃れてきた54人の難民が選抜されてアメリカに向かったものの、当初受け入れ予定の1250人(ナウル、マヌス島両方からの受け入れ予定合計人数)が今後いつどのように受け入れられるかなどは未知数だ。

ラッセル・クロウ氏は批判に対し憤りも

ラッセル・クロウ氏のツイッターでの宣言はその後、さまざまな波紋を呼んでいる。一部のツイッターユーザーから、「事態をよく知らないくせに」などの批判を受けたラッセル・クロウ氏がすぐに反論。「どうぞ罵(ののし)るがいい、私を無知だと呼べばいい。オーストラリアがマヌスに収容された難民たちにしてきたことは恐ろしいことであることに変わりない」。

こうも続けた。「もしもマヌス島に収容されている人たちがあなたの兄弟、叔父、父、もしくは息子だったら……世界はオーストラリアをウォッチしているし、われわれはクズのように見られているはずだ」と隠しきれぬ憤りをあらわにし、次々にリツイートされている。世界中にこの事態は知られることとなり、各地で「難民を救い出せ」などの言葉を掲げて立ち上がる市民たちの姿もまた、SNS上で瞬く間に拡散されている。


映画俳優ラッセル・クロウ氏のツイッターより

スーダンからボートで命からがら逃れてきたという24歳の男性は 、すでに難民認定を受けているものの、いまだに施設に収容されたまま移住先も決まらない。

マヌス島に収容されたのは20歳のとき――以来4年もの間を施設内で家族と離れ離れになって孤独に過ごしてきたという。 仲間うちでおカネを出し合い入手したというスマートフォンを使い、 電波状況のことごとく悪いなか筆者にSNSを通じて訴えた。「 僕にはもう夢はありません。輝かしいはずの黄金の時代はすべて奪われてしまいました」。


収容中のスーダン難民から筆者に送られてきたメッセージ 11月7日

この事態は日本ではほとんど報じられていない。しかし、世界を揺るがす難民問題は中東やアフリカ、欧州などだけではなく、国際社会に対してどう向き合い対応するのか――アジア諸国にも、その態度が注視されている喫緊の課題である。