30代の私だけど、今だに“大人の基準”が良くわからない。年齢的にはずっと前に成人しているものの、心の中にはいつもどこか「幼さ」が残っているような気がするんだ。

そんな時、子どもな自分と大人の自分との葛藤を描いた漫画が、心に突き刺さった。青いマメのような姿をしたキャラクターが主人公。彼のセリフに思わず頷いてしまう人も多いのでは?

01.
「答え」はいつも自分の中

(1)「はぁ…なんか、あの人との関係をどうしたらいいのかわからない。」

(2)「そうだねぇ。でも、わからないって言っている時って、実は心では答えが出ていることもあるよね。」

(3)「わかってる。」

02.
クリスマスの前に

(1)「あーもう待てない!今すぐ開けたい!」

(2)「!」

(3)「そっか〜。ボクはもう大人なんだから。」

03.
心のスイッチ

(1)「やあ!なんだか幸せそうだね。」

(2)「そう?イイことがあったんじゃなくて、心をオフにしてたんだよ。」

(3)「とっても健康的な対処法だよ。でないと後で泣きを見ることになるからね。」

04.
嫌なものはイヤ

(1)「ねえ、Facebookでチャットしない?」

「ムリ。」

(2)「じゃあ、メールするね!」

「やめて。」

(3)「もういい!電話するから!」

「お願いだから、やめてよね。」

05.
頭の中だけの本音

(1)「時々ね、死んだら誰に取り憑こうかなって考えるんだ」

「頭の中だけにとどめておいた方が良いこともあるって、覚えときなよ」

06.
傷つくこともある

(1)「ねぇ、どうしたの?」

(2)「ぼく…僕ね、失恋したんだ。もう、辛すぎてどうしたらいいのかわからないの。」

(3)「そうなんだ…でもね、長い人生の中で傷つくことなく生きている、強い人間なんてどこにもいないんだよ。」

07.
自分の限界は、
他人の方が知っている

(1)注意!1,000,000マイル先、“感情の崖”(落下注意)

「ふーん。」

(2)崖まで100マイル

「おいおい!その先には感情の崖があるぞ!気をつけろよ。」

「うん、わかってる〜。」

(3)崖まで10マイル

「おい!やめとけって!感情の崖が…」

「大丈夫、大丈夫。」

(4)「おいおい、冗談だろ」

「あ〜僕よりも、よくわかってるね。」

08.
病気の時くらい

(1)「あぁ、遊びたいよ…。でも、具合が悪くて外に出れない。」

(2)「やっぱり、遊びに行きたい!」

(3)「でも、具合が悪くて行けない…。」

「あのさ、君って病気の時って、いつもこんなに騒がしいの?」

09.
やっぱり我慢できない!

(1)「!」

(2)「あー、もう!!!」

「ちょっと…どうしたの?」

(3)「なんでもない。ちょっとイライラしてただけ。」

「あーそう。」

10.
大人としての意見

(1)「じゃあさ、君は酔っ払って誰かに本音を言っちゃった。なんてことは、ないんだね?」

(2)「僕はただね…自分の考えを伝えるために、酔っ払う必要はないって思うんだ。」

(3)「………。」

(4)「わぁ、珍しく大人だね。」

「うん、僕も自分が怖いくらい。」

Licensed material used with permission by Meichi