父親との入浴を「たぶんムリです」と拒絶する和泉ちゃん

写真拡大

神保町☆女子大生Cafe」第67回。現役女子大生たちが、旬で話題の流行りネタについて言いたい放題のから騒ぎしちゃいます!

10月24日の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)に出演した剛力彩芽さん(25歳)が「今でも父親と一緒にお風呂に入っている」と発言し、話題を集めています。ネット上では、「25歳にもなって一緒に入るのはありえない」という否定的な意見が大半ですが、「家族が仲いい証拠だ」と理解を示す声も…。

そこで今回のテーマは、「JDたちは、お父さんと一緒に入浴するのはアリ?」。剛力さんよりちょっと年下の世代であるJDたちはどうなのか? 父親との入浴事情や意識を調査しました!

「私は小学校4〜5年生頃に父のほうから『そろそろひとりで入りなさい』と言われ、その頃から男性と女性の違いを感じるようになりました。父は、自然と私に性差を自覚させてくれたのではないかと思います。一緒に入っている家族も少なからずいると思いますが、私が今、父と一緒に入ってと言われたら、たぶんムリです」(和泉ちゃん・川村学園女子大学1年・18歳)

「お父さんと一緒にお風呂に入るなんて絶対にありえません! 別に嫌いとか言うわけではないけれど、さすがにお風呂は…って感じです(笑)。小さい頃は一緒に入っていたけど、大学生にもなって一緒に入るのは頼まれてもできません。お父さんのほうも大学生にもなった娘とは別に入りたいと思わないんじゃないかな」(彩美ちゃん・明治大学1年・19歳)

「私がお父さんとお風呂に入るのは小学校低学年くらいが最後でした。元々、お母さんと入ることのほうが多かったし、いくら家族だからといっても、さすがにお風呂は無理かな。今でも一緒に入っているという友達も少ないし、これが普通だと思います」(仁美ちゃん・国学院大学1年・18歳)

「最後にお父さんと一緒にお風呂に入ったのは、小学生低学年の頃だったと思います。林間学校の時にクラスの女のコたちが、『もうお父さんとお風呂に入ってない』と言っているのを聞いて私も入るのをやめました。大学生になってからももちろん入っていないし、周りの友達にもそんなコはなかなかいないんじゃないかな」(馨ちゃん・青山学院大学3年・22歳)

「私は大学生でもお父さんとお風呂に入るのはアリだと思います。私自身、好んで一緒に入ったりはしないけれど、入れるかと聞かれたら入れます。普段、リビングなどで着替えをしたり、お父さんも下着1枚でお風呂から出てきたりするから、あまり抵抗がないのかも」(莉香子ちゃん・聖心女子大学2年・20歳)

「私もたまにお父さんとお風呂に入ります。小さい頃からずっと入っていたので、習慣付いてしまいました。周りでは一緒にお風呂に入っている人は少ないけれど、これは親孝行のひとつだと思うので、私は別にイヤだと思っていません。これからも一緒に入って親孝行しようと思います!」(優美ちゃん・日本大学2年・20歳)

「私は小学校3年生くらいの時に一緒に入ったのが最後ですね。お母さんとも温泉以外で一緒に入ることはありません。もしお父さんに一緒に入ろうって言われたら、すごくビックリしてしまいます(笑)。お父さんだって、入りたいとは思ってないと思います」(果里ちゃん・法政大学1年・19歳)

「お父さんと一緒にお風呂なんて絶対にありえません(笑)。洋服を一緒に洗濯しないで!までは言わないけど、お父さんに対しては雑に扱ってしまったり、話さないことが多くなっているのでお風呂などもっての他です。小学校低学年くらいが最後かな」(沙織ちゃん・立教大学2年・20歳)

「剛力彩芽さんがお父さんと一緒にお風呂に入っていると知って、とても驚きました。正直、私には真似できません(笑)。お母さんと一緒に入るのでも、ちょっと抵抗があります。でも家庭によって違いがあることは当たり前なので、それで家族が仲良いのはすごくいいことだと思う!」(美樹子ちゃん・明治学院大学1年・19歳)

「妹がまだ小さいので、家族みんなでお風呂に入ることがあります。その時にお父さんも一緒にに入っています。だから、ふたりきりで入っても抵抗はないかも。元々、お父さんとは仲が良くて一緒に出かけたり、恋愛の話をしたりする仲なので、あまり気にならないです。一緒にお風呂に入ることで普段話さないような話をしたり、コミュニケーションをとれるので、いい機会なんじゃないかなと思います」(桃香ちゃん・大妻女子大学1年・19歳)

“父親は娘に嫌われる存在”というイメージも先行しがちですが、話を聞いてみると、一緒に入浴してもOK!というコは確かにいるようです。最近は、父親とのツーショットをSNSに載せているコも多く、昔に比べて父娘の距離が縮まっている?といえるのかもしれません。

(取材協力/株式会社KIRINZ)