カリスマ投資家の内田衛氏は「お盆休みには注意が必要」という(写真 :KY / PIXTA)

日経平均株価は、せまいレンジでの相場が続くが、個別の株はそこそこ動いている今の日本株市場。そんななか、カリスマ投資家の内田衛氏の持ち株は、やはりというべきか、スルスルと上昇するのだった。いつものように「株日記」でふりかえりつつ、内田氏の今後の相場観も見ておこう。

優待目的で保有のビックカメラが年初来更新!


この連載の一覧はコチラ

【7月18日 火曜日】先週末の日経225先物は、90円安の2万0020円、昨日のNYダウは、8ドル安の2万1629ドルと5営業日ぶり反落。10時48分、優待目的保有のクリエイト・レストランツホールディングス(3387)を1141円(前日比68円高)で100株売り、1万6100円の利益確定。買いは、2017年1月18日に980円で。終値は、1167円(前日比94円高)。買った時は、業績の下方修正を発表して急落していたところで買い、今日は2018年2月期第1四半期決算発表を好感して急騰したところで、ひとまず売ってみた。


ソフマップからビックカメラAKIBA店へ。1階の品ぞろえはなかなか魅力的(筆者撮影)

タカタ(7312)が、30円ストップ安(36.58%)の52円の大引け1本値。また、東芝(6502)は、44.2円高(19.08%)の275.8円と大幅高。出来高は、1億4185万9000株と東証1部で第1位、値上がり率第2位。

買われた理由は、米ヘッジファンドのグリーンライト・キャピタルが東芝株を買い増ししていたから。日経平均は、118円安の1万9999円と僅かに2万円割れ。

【7月19日 水曜日】午前5時半、日経225先物は前日比変わらずの1万9980円、NYダウは、54ドル安の2万1574ドル。関東地方、梅雨明け。優待目的保有のビックカメラ(3048)は、10時26分、60円高の1254円を付け、年初来高値を更新した。終値は、31円高の1225円。先日、ソフマップからビックカメラへ業態転換したAKIBA店に行ってみたら、1階がドラッグストアのような品ぞろえ(歯磨き粉などの日用品、薬、お酒やおつまみなど)となっていて訪日観光客で賑わっていた。

ビックカメラといえば、家電量販店というイメージだが、ビックカメラのポイントでお酒のおつまみを買ってみたが、こんなものまで買えるようになるとは、イメージが変わったな。日本政府観光局(JNTO)によると、2017年6月の訪日外国人数は、前年同月比18.2%増(36万人増)の234万6500人となり、6月として過去最高を記録したそうだ。それを好感したのか、優待目的保有銘柄の藤田観光(9722)は、115円高の4275円と3日続伸で一時、4340円の年初来高値を更新した。日経平均は、20円高の2万0020円と小反発。

【7月20日 木曜日】午前5時半、日経225先物は、10円高の2万0020円。NYダウは、66ドル高の2万1640ドルで、ナスダック、S&P500と主要3指数が全て終値の最高値を更新した。日銀は、物価2%達成目標を2019年度頃に先送り、政策は現状維持を発表。日経平均は、123円高の2万0144円と続伸。

【7月21日 金曜日】午前5時半、日経225先物は、30円安の2万0060円、NYダウは、28ドル安の2万1611ドル。日経平均は、44円安の2万0099円。

【7月22日 土曜日】午前5時半、日経225先物は、120円安の1万9960円。NYダウは、31ドル安の2万1580ドル。1ドル111.12円、1ユーロ129.62円。かっぱ寿司に行った。そしてメニューを見たら、生ばふんウニ(税込302円)の新メニューがあった。

株主の意見を聞いて、すぐに実行したかっぱ寿司


左が2貫108円、右が1貫302円。あなたなら、どちらを食べますか(筆者撮影)

6月21日のカッパ・クリエイト(7421)の株主総会で、ある株主が、「ウニが美味しくないので、高くてもいいから美味しいウニをメニューに入れて欲しい」といっていた株主がいたのを思い出した。

株主の意見をすぐに聞いてくれて実行してくれる会社は意外と少ないので、その点は評価できる。他の総会では、株主が意見をいっても、会社は「検討します」というが、また翌年の株主総会で同じ株主が同じ意見をいうケースもよく見る。通常メニューのウニは、2貫で108円(税込)であり、両方注文し食べてみたが、個人的には、通常注文している2貫で108円のメニューを3皿の方が満足度は高いかな。

【7月24日 月曜日】優待目的保有のアトム(7412)が、7円高の800円と7月1日に付けた年初来高値の800円と並ぶ。また、カタログ通販のスクロール(8005)が、21円高の401円と年初来高値更新。日経平均は、124円安の1万9975円と2万円割れ。

【7月25日 火曜日】午前5時半、日経225先物は、20円高の1万9960円、NYダウは、66ドル安の2万1513ドル。優待目的保有銘柄で、コーヒー主力の輸入商社の石光商事(2750)が17円高の463円と6月12日に付けた年初来高値の467円まであと4円。日経平均は、20円安の1万9955円と続落。

【7月26日 水曜日】午前5時半、日経225先物は、130円高の2万0050円、NYダウは、100ドル高の2万1613ドル。11時21分、ビックカメラが、71円高の1318円を付け、年初来高値更新。また、ビックカメラ子会社の日本BS放送(9414)も、11時29分、21円高の1300円を付け、親子で年初来高値更新。

吉野家ホールディングス(9861)は、32円安の1910円と反落。政府が、米国産冷凍牛肉に緊急輸入制限(セーフガード)を8月1日から発動すると発表。米国産牛肉にセーフガードをかけるのは、約14年ぶり4回目だそうだ。来年3月末まで38.5%の関税率を50%に引き上げる。

仕組みは、輸入量が前年度四半期の117%を超えた場合に発動するのだが、中国のアメリカ産牛肉の輸入再開で、価格上昇の思惑から輸入を増やしたことが、要因だそうだ。

個人的な見方としては、需要が増えて輸入増となったわけではなく、在庫もある程度あるので、影響は小さいのではないかと思う。吉野家は、値上げについては、ノーコメントのようだが、来年3月末くらいまで在庫がもって、セーフガード解除となれば、牛丼の値上げはないのではないかな。本日、タカタが最終売買日、寄り付き9時は、2円安の20円、9時15分には、5円安の17円の安値を付け、9時33分に13円高の35円の高値、大引けは、4円安の18円で引けた。

通常、民事再生法を申請した企業は、1円売り気配で終わることも多いが、18円とは意外と高い。日経平均は、94円高の2万0050円と反発したが、伸び悩んだ。

【7月27日 木曜日】午前3時13分、日経速報メールで、FRB(米連邦準備制度理事会)は、追加利上げ見送りを決定。「今後の利上げはゆるやかになる」を好感した。午前5時半、日経225先物は、20円安の2万0020円、NYダウは97ドル高の2万1711ドルと、1週間ぶりの最高値更新。
14時11分、ビックカメラ子会社のコジマ(7513)は、18円高の358円を付け、年初来高値を更新した。終値は16円高の356円。日経平均は、29円高の2万0079円と続伸。

やっぱりお盆休みは注意したほうがよい

【7月28日 金曜日】午前5時半、日経225先物は、20円安の2万0030円、NYダウは、85ドル高の2万1796ドル。東芝は、29.2円安(10.88%)の239.2円、一方、セイコーエプソン(6724)は、118円高の2779円。日経平均採用銘柄の入れ替えで東芝は外れ、エプソンは採用で先回り的な値動き。日経平均は119円安の1万9959円。


吉野家の新メニュー「沖縄タコライス」。オススメだ(筆者撮影)

【7月29日 土曜日】午前5時半、日経225先物は、20円高の1万9970円、NYダウは、33ドル高の2万1830ドル。1ドル110.69円、1ユーロ130.04円。吉野家の新メニュー「沖縄タコライス」並サイズ450円(税込)を食べてみた。(写真)ひき肉(タコスミート)がとてもいい味で、チーズも美味しく、冷たくてシャキシャキのレタスとハバネロソースも辛くなくて(子供でも食べられるレベル)、とても美味しかったです。また食べたいと思いました。オススメです!

史上最高値を更新しているNYダウと比べて、2万円前後でモミ合っている日経平均。8月相場の注意点は、中旬のお盆休みでマーケットが閑散(参加者が少ないので動かしやすい)なときに気を抜かないこと。油断している時に、過去にヘッジファンドなどが、為替を大きく円高に仕掛けてくることもあり、それに伴い日経平均の急落の可能性もあるので、注意が必要と見ている。