7日、韓国・聯合ニュースは、国賓として韓国を訪れるトランプ米大統領を、韓国大統領府は「節制と実益」をキーワードにもてなす方針だと伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年11月7日、韓国・聯合ニュースは、国賓として韓国を訪れるトランプ米大統領を、韓国大統領府は「節制と実益」をキーワードにもてなす方針だと伝えた。直前に訪問した日本では歓待の度が過ぎたと指摘が出ていることを受け、日本を「反面教師」とし、また日本のもてなしと差別化を図るのが狙いという。

報道によると、大統領府が今回のトランプ氏来訪で最も気を遣うポイントは、同氏に対する儀典。アジア歴訪日程が明らかになるや、韓国滞在が日本よりも1日短いと批判する声が上がり、大統領府が「量より質」と釈明していたほどだ。「質」で日本に劣るわけにはいかないと準備が進められてきた。

そうした中、日本では手厚過ぎるほどのもてなしをしたにもかかわらず、トランプ氏からは「日本との貿易は公平でない」との不満の声が出てしまい、日本では一部で「もてなしの度が過ぎた」との指摘が出ているとの情報が入った。そこで、節度があり実益も得られる、それでいて国賓に対する礼は尽くした儀典に焦点を絞ったのだ。

トランプ氏来日中の5日(現地時間)に米国で起こった銃の乱射事件も、韓国のもてなしに影響を与える見込みという。この状況でトランプ氏が海外で歓待され過ぎれば、同氏自身にも負担になりかねないためだ。大統領府関係者によると、6日、事件を受け米国側にお悔やみのメッセージを伝える旨、参謀陣から文在寅(ムン・ジェイン)大統領に提案も行われたという。

トランプ氏の初訪韓に対し、韓国では反対のデモが盛んに行われていると連日報じられているが、ネットユーザーの反応をみると、むしろ歓迎ムードの方が盛り上がっているようだ。

記事には「文大統領ならうまくやってくれると信じてる」「実益のあるもてなしと外交、文政権ファイト!」「きっと賢くこなしてくれるね」「対等な外交をお願い」など政府を応援するコメントや、「日本はこびるばかりで結局裏切られちゃったしね」「安倍(晋三)さんみたいなことになりさえしなければそれでいい」「世界のどの国がどんなふうにもてなしても、トランプさんはやりたいようにやるさ」と、日本との差別化を狙う大統領府の方針支持のコメントが数多く寄せられた。(翻訳・編集/吉金)