カラーボックスでベッドを簡単DIY★ 作り方とリメイクアイデア

写真拡大 (全25枚)

家具を探しているけれど、価格やデザインに納得できるものがなかったり、DIYにトライしてはみたいけど、イチから作るのは難しそう……。そう感じている人におすすめなのが、安価で手に入る「カラーボックス」を土台にして作る家具。シンプルな材料とプロセスでできるので、初心者でも簡単に&ローコストで作れます。自分の好きな大きさやデザインに仕上げられるから、なんとベッドを作ることだって、できちゃいます。DIYの基礎知識、カラーボックスを使ったベッドの簡単な作り方、「暮らしニスタ」のリメイクアイデアをご紹介します。家にたまった不要なカラーボックスを総動員して作ってみるのもいいかも!「子どものファーストベッド」など、ライフスタイルが今後変化しそうな家にもおすすめです。



元の記事を見る

カラーボックスDIYの「基本のき」――カラーボックスの基礎知識

■ カラーボックスの種類は?

カラーボックスにはいろいろな種類があります。サイズやカラー、材質、段数もさまざま。ごく一般的なサイズは、2段が幅(W)42×奥行き(D)29×高さ(H)59cm前後、3段が高さ88cm前後。そのほかのサイズも、ホームセンターやインテリア系量販店などで探せば豊富にそろいます。近ごろは、ホームセンターや専門店のウェブショップも充実していて便利。


ちなみに棚板が固定されたタイプと、上の写真のように棚板を動かせる「可動棚」タイプがあります。棚板が固定されているもののほうが強度が高いので、DIYの材料としては向いています。

■ カラーボックスって何でできてるの? DIYに向いている?

カラーボックスには天然木を材料にしたものもありますが、多くは細かい木のチップを圧縮し、固めて作られたもの。リーズナブルで軽くて扱いやすいので、DIY初心者にはとっつきやすい素材ですが、普通の木材よりもやわらかくて崩れやすく、くぎやねじを打つ際には注意が必要という側面も。

板の表面に貼られたいわゆる“化粧材”は、ほとんどの場合、紙にビニールコーティングを施したもの。表面はツルッとしていて汚れがつきにくいのがメリットですが、ペンキや木工用接着剤などもつきにくいため、凝った装飾はあまりうまくいかない可能性があります。注意して計画を。

■ まずは組み立て! パーツ使いもできちゃいます★

カラーボックスを購入したら自分で組み立てるのが一般的。バラバラの板のまま梱包されているので、板を単独で使ったり、ちょっと違う組み立て方をして使ったりすることも可能。ただし、その場合は強度をしっかりと確かめてから使いましょう。これから作り方をご紹介するベッドも、一部の板を使わずに作っています。

■ カラーボックスは配置する「向き」に注意!

カラーボックスを使って家具を作るときに、気をつけたいのが強度。収納面を横向き(写真上)にすると、上からの力に弱く、グラグラしてねじもゆるみがち。収納面を上向き(写真下)に使うと強度がアップするので、人が上に乗るベッドやベンチなどを作るときは、この向きで使うのがベター。

カラーボックスを使った「簡単DIY」に必要な道具

■ カラーボックス DIYに必須なもの と できれば欲しいもの

■ 1 ねじ(ビス)
家具を組み立てるために必須なねじ類は、カラーボックスの標準セットにも入っているので追加で使いたい分を自分で用意しますが、その際はくぎではなくねじがおすすめ。くぎは打ってつなげるだけなのに対してねじはらせん状に溝が入り、回しながら締めることで、抜けにくくなるからです。ねじやくぎにはたくさんの種類があるので、材料の素材やサイズ(厚み)に合わせて選びましょう。

■ 2 プラスドライバー、きり
ねじを締めたりゆるめたりする器具がドライバー。「プラスドライバー」と「マイナスドライバー」があり、プラス(+)型の溝がついているねじには、プラスドライバーを使います。

ドライバーにはねじのサイズに合わせて、1番、2番、3番などの番手(サイズ)があり、数字が大きくなるほどサイズも大きくなります。とくによく使うのは1番(写真右)と2番(写真中央)。また、崩れやすい素材でできているカラーボックスのDIY時は、ねじを入れる前に下穴を開けるのがベター。そのため、きり(写真左)もあったほうが便利です。

■ 3 はさみ、カッター、タッカー
ベンチの座面の制作など、布ものを使うときに必要な道具。はさみやカッターは布やスポンジのカットに使います。タッカー(写真左)は大きなホッチキスのような道具で、布を木などに留めつけるときに活躍します。

■ 4 電動ドライバー
2で説明したドライバーときりですが、実際使ってみるとなかなか作業が大変。そんなときは電動ドライバーがあると、効率が格段にアップ! 小さなサイズで女性でも扱いやすいものも多いので、DIYが好きな人はぜひ購入を検討すべき。ホームセンターなどでレンタルしている場合もあります。

■ 【もっと知りたい! ねじなどの細かいパーツの選び方】

■ ねじ(ビス)

一般的にねじとビスは同じものを指して使われることが多いですが、厳密にはビスは先端がとがっていて、木材に打ちつけることができるものを指します。カラーボックスを材料にしたDIYにおすすめしたいのは、写真の「スリム粗目造作ビス」(通称「スリムスレッド」)。

難しそうな名前ですが、要は「スリムな形」で「目が粗い」もの。カラーボックスの板は比較的薄めで柔らかいですが、細いねじを使うことによって、板が薄くても割れにくく、ねじ込むのに力が要らなくなることがメリット。ねじ込んだあと、ねじの頭部分が目立ちにくいのもうれしいところです。一方、目が粗いものをセレクトする利点は、やわらかい木材でも抜けづらく、強くねじ込んだ際に、材料のねじ穴が削り取られて効かなくなる状態が起こりにくいこと。長さはさまざまなので、材料の厚さに合わせて選びましょう。

たとえば写真下は、すのこをカラーボックスに固定したいときの例。ねじを打ち込んだ際にカラーボックスの厚みまできちんとカバーする長さを選ぶのがポイントです。ねじの種類や名前、サイズなどはパッケージに書いてありますが、迷ったときはホームセンターなどの店員さんに聞いてみましょう。

■ 蝶番

ドアやふたなどを開閉できるようにしたいときに使う金具が蝶番。取りつけたい材料(板など)の厚みや幅に合わせて、サイズを選びます。

一般的にはねじが付属していますが、穴に入るサイズであれば、違うねじを使ってもOK。カラーボックスで使う場合は、写真のものより少し長いねじ(たとえば前述の「スリム粗目造作ビス」など)のほうが、しっかり留まります。

カラーボックスで作るベッドの構造は?

■ 【一般的なベッドのサイズは?】
まずはベッドのサイズを決めましょう。ベッドにもシングル、セミダブル、ダブルなどさまざまなサイズがあるので、欲しいサイズに合わせて材料をそろえます。メーカーやブランドによっても少しずつサイズが違うのですが、一般的なサイズは以下のような感じです。

[幅]
セミシングル/80〜90cm
シングル/90〜100cm
セミダブル/幅120cmくらい
ダブル/幅140cmくらい
クイーン/幅160〜180cm
キング/幅180〜200cm

[長さ]
195〜200cmが一般的(さらに10cmくらい長いロングサイズも)

前述のように、一般的なカラーボックスのサイズが2段タイプで「幅42×奥行き29×高さ59cm前後」、3段タイプが「高さ88cm前後」として考えてみましょう。3段タイプを5個並べると、幅約88cm×長さ約210cm。ちょうどセミシングル〜シングルのロングサイズベッドくらいの大きさになります。作りたいベッドのサイズを考えてから、材料のカラーボックスを選びましょう。

■ 【ベッド作りにおすすめのカラーボックス】
「カラーボックスの基礎知識」で説明したように、カラーボックスの素材や構造はほとんど同じ。素材や“つくり”を確かめられるのであれば、強度の高いものを選びましょう。作りたいベッドのサイズに合わせて、サイズをきちんと確認することも重要です。


「くぎやねじも打ちやすい! 強度の高さが自慢のカラーボックス」

今回作る「カラーボックスベッド」の材料に使用したのは、これ。1枚板のパーティクルボードを使用した、強度の高いカラーボックス。肉厚で丈夫で、くぎやねじも打ちやすいつくりです。別売りの扉やインナーボックスなどを使って、アレンジすることも可能。1段タイプ、2段タイプもあり。

●「カラーボックス(CBボックス)3段 CX-3」(全21色)
約幅41.5×奥行き29×高さ88cm 約9.5kg
¥1,980〜¥2,180(税抜)/アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマ公式サイト アイリスプラザ
https://www.irisplaza.co.jp/Index.php?KB=SHOSAI&SID=K256030F&SHOP=1
※価格は2017年10月現在の参考価格です

初心者でも簡単! カラーボックスを使ったベッドの作り方

■ まずはしっかりプランニングを!

「DIYで家具を作りたいな」と思ったらまず、具体的な計画を立ててから材料をそろえましょう。どこに置いて何に使うのか、だれが使うのか? を考えて、サイズなどを決めます。

サイズを決めるときに注意したいのが、材料の「定尺」(規定の寸法)。一般的に売られている木材などは、寸法がほぼ決まっているので、制作する家具のサイズを材料のサイズに合わせると、DIY作業がぐんとラクになります。材料のカラーボックスを新しく購入する場合も、作りたい家具のサイズに合わせて選ぶことが大切です。

■ 実際に作ってみよう! ベッド下収納つきの「カラーボックスベッド」

カラーボックスと角材とすのこを使い、材料カットの必要もない、シンプルで簡単なタイプのベッドの作り方をご紹介。組み立て方をちょっと変える工夫で、カラーボックスの利点を生かした収納たっぷり! のベッドに♪ 基本をマスターすればいろいろなアレンジも可能です。

■ 【材料】

(仕上がりサイズ・約幅88cm×長さ212cm×高さ65.5cm)

・カラーボックス(3段タイプ)………5個
 ※ここでは約幅41.5×奥行き29×高さ88cmのもの
・木製すのこ(5枚打ちタイプ)………2枚
 ※ここでは約幅85×奥行き46.5×高さ4.2cmのもの
・木製すのこ(6枚打ちタイプ)………2枚
 ※ここでは約幅85×奥行き56×高さ4.2cmのもの
・木製すのこ(7枚打ちタイプ・ヘッドボード用)
 ………1枚
 ※ここでは約幅85×奥行き65.5×高さ4.2cmのもの
・角材………2本
 ※ここでは3cm角×長さ182cmのもの
・ねじ(スリム粗目造作ビス)………適量
 ※ここでは25mm×20本、35mm×20本、50mm×6本、65mm×10本程度

■ 【道具】
・プラスドライバー
・きり など

■ 【作り方】

■ 1 カラーボックスを途中まで組み立てる

底板といちばん下の背板を除き、説明書どおりに組み立てます。(ねじは付属のものを使用)。5個すべて同様に仕上げて。

■ 2 背板部分に底板を入れる

(A)いちばん下の背板が入る部分に、代わりに底板を入れます。背板より底板のほうがきれいに仕上げてあり見ばえがよいため、収納部分が美しく仕上がります。
(B)組み立てが完成し、5個を一列に並べた図。通常のカラーボックスの底板だけがない状態にして、あいた部分を“ベッド下収納”として使用します。

■ 3 底板を固定する

ねじ(35mm)で、底板を側板に固定します(カラーボックス1個につき4カ所程度。★マークを参考に)。5個すべて同様に。

■ [Point]下穴をあけるとスムーズ♪

底板の厚さと同じ幅のマスキングテープを側板に貼り、その幅の中央にきりで下穴をあけておくと、作業がスムーズ。ねじの頭が入りやすいように、穴の上部分は少し大きめにあけましょう。この工程に限らず、ねじを使うときは、毎回下穴をあけておくのがおすすめ!

■ 4 カラーボックスを連結させる

2の(B)のように並べたカラーボックスを固定します。ねじ(25mm)で、ベッドの両サイド(収納部分と収納側から見ていちばん奥の段)を全部で16カ所、★マークを参考に留めると安心。

■ 5 角材を取りつける

(A)上にすのこを置いたとき、「受け」になる角材をつける位置を決めます。実際にすのこを置いてみて、すのこの「下駄」部分の内側に角材がくる位置に印をつけましょう。
(B)場所を決めたら、ベッドの端から長めのねじ(65mm)で、カラーボックスに固定していきます(全部で10カ所、角材1本につき5カ所程度)。

■ [Point]長さが合わなくても大丈夫?
カラーボックスを5つ並べた長さは約207.5cm。対し、角材の長さは182cm。長さが足りない! と思いますが、きちんと5カ所の側板に固定できるので十分。

じつは、この182cmというのが前述した「定尺」(木材などの規定の寸法)。ベッドの長さぴったりにしようと思うと、とても長い角材を買ってカットしなければならないので、少し寸足らずでもOKなものは定尺の材料を選んでコストダウンするのが正解、というわけです。

■ 6 ヘッドボードを取りつける

7枚打ちタイプのすのこをヘッドボードにします。すのこの正面をカラーボックスの頭側の面に合わせ、ねじ(50mm)で、カラーボックス側から6カ所程度留めればOK。ヘッドボードはなくてもいいですが、取りつけるとベッドらしさが格段にアップ! します。

■ 7 角材にすのこを固定する

(A)角材の上にすのこ4枚を並べます(上下の端を5枚打ち、中心を6枚打ちにしました)。ヘッドボードからいちばん遠いすのこを、ねじ(25mm)で角材に4カ所程度、固定します。
(B)残りのすのこ3枚は、置くだけでOK! 取り外せる状態にしておくことで、収納可能なスペースに。不安定な場合は、必要に応じてねじで固定してください。

■ 8 完成!

収納力抜群なシンプルベッドの出来上がり! 好みのマットレスや布団を敷いて、リラックススペースに。「シンプルおしゃれ」と人気の「パレットベッド」風でインテリア性も上々なので、自分らしいベッドルームのコーディネートを楽しんで。

カラーボックスやDIYについて相談できるおすすめショップ

■ 『ドイト ウィズ リ・ホーム 新宿下落合店』

工具を含め、材料を探しやすいのは、やはりホームセンター。なかでもこのショップは店内の一角にDIYを楽しめるワークスペース(写真上)があり、ツールもレンタル可能な、初心者にうれしいお店。

ワークショップも豊富に開催されていて、わからないことがあってもプロが丁寧に教えてくれます。板やカラーボックスを好みの大きさにカットしてくれるので、自分でやるにはハードルが高い作業は、プロの手を借りるのもおすすめです。今回は、カラーボックスを使ったDIYについての基本から作り方まで、いろいろ教えていただきました。

―Shop Information―
東京都新宿区下落合4-1-1
☎03-5988-4311
[営業時間]11:00〜20:00(火〜金)、10:00〜19:00(土・日・祝)
[休]月曜日
http://diyreform.doit.co.jp
※ワークスペース、ツールのレンタルは有料

カラーボックスを使ったベッドのDIYアイデア

■ 「開閉式ベッド&ベンチ&収納棚」の欲張り3WAY家具♪

カラーボックス4個をフル活用し、ふたつきの収納ボックスとオープン収納棚を制作。収納として使うのはもちろん、バラバラに置いてベンチに、組み合わせてベッドとしても使うというすぐれもの「多機能家具」は、来客が多い家などで、とても便利に使えそう。リメイクシートを貼って、おしゃれに仕上げたのがポイント★

■ 廃品とカラーボックスを組み合わせた簡易ベッド

カラーボックスを並べ、こちらも不要になっていたクローゼットの扉を置いただけというベッド。ヘッドボード風の板も、テーブルの天板だったものをリユースしたもの。いらなくなったものを捨てずに上手に使う、エコなアイデアはマネしたい!

安価で手に入り、“超”身近なカラーボックスを使ったDIYをご紹介しました。ベッド制作にはカラーボックスの数がいくつか必要ですが――たとえば子どもの「ひとり寝デビュー」用に作り、成長とともに大きくリメイク……など、シーンに合わせて形を変えられるのも魅力です。ベッドのほかにも「机」や「ベンチ」など、カラーボックスでさまざまな「DIY」が可能ですよ。

撮影/土屋哲朗(主婦の友社写真室) 
取材・文/平井聡美