三越伊勢丹ホールディングスが11月7日、子会社マミーナの事業終了を発表した。今年度末の2018年3月をもって事業終了となり、清算時期は2018年9月を予定。
 マミーナは1964年に設立。現在「アナスイ(ANNA SUI)」や「ケイタマルヤマ(KEITA MARUYAMA)」「ディアラブ(Dear Luv)」「ロックユアハーツ(LOCK YOUR HEARTS)」などを展開しており、昨年はアナスイとケイタマルヤマから新たに雑貨を中心とした新ブランド「THE SOUVENIR SHOP_ ANNA SUI」と「THE FLOWER STAND_KEITA MARUYAMA」を始動するなど新規の取り組みを広げていた。
 三越伊勢丹ホールディングスは来年3月に伊勢丹松戸店を閉店するなど、構造改革を進めている。2018年3月期第2四半期における同社の小売・専門店業の売上高は約274億円(前年同四半期比3.1%増)、営業損失は約5億円(前年同四半期は営業損失約8億円)。同セグメントに属するマミーナは収益性に課題があり、長年に渡って債務超過の状態が続いていたため、事業の終了が決議された。
 なお、ライセンスを保有しているアナスイは三越伊勢丹で事業を継承し、ケイタマルヤマは来年2月末までにマミーナの運営から離れる見通し。その他のブランドについては検討中だという。