初来日したトランプ米大統領2日目(2017年11月6日)に行われた晩餐会で、ひときわ異彩を放ったのがPPAPのピコ太郎だった。

トランプ大統領の孫娘、アラベラちゃんがピコ太郎の大ファンということで招待されたのだが、金色のヒョウ柄の衣装、トレードマークの口髭にサングラスで登場したところ、違和感に本人は「入って2秒で後悔しました」と反省。

それでもピコピコ、いやペコペコと何度も頭を下げながら名刺交換しまくり。「大臣とか、アメリカ大使館の方とか、ハーバード大の教授とか、たくさんの方の名刺をいただきました」。

そしてピコ太郎が最も盛り上がったのはトランプ大統領に挨拶に行った時のこと。

「(安倍首相から)『うちのピコ太郎です。アッポーペンですよ』みたいな感じで紹介していただいた。するとトランプさんが『おーっ』と言っていただいた。『歌わないのか?』と言われたんで、ではこれから行きましょうかと言ったら、小声で『ストップ』でした」。この後トランプ大統領を挟んだ安倍首相とピコ太郎の奇跡の3ショット撮影。

メラニア大統領夫人から歌リクエスト

さらに「メラニア大統領夫人から『もしよかったら歌ってもらえる?』とリクエストされ、小さな声でリアルにI have a pen I have a apple Applepen! とやっとところで、『ン?』って言っていました」。

安倍首相の日米蜜月ぶりアピールの4つ目の切り札として番組が選んだピコ太郎。晩餐会を和ませる効果があったのか? ピコ太郎の自己評価は「1%ぐらいは尽力できたかなと思う」だった。

小倉キャスターは「よくもまーあの恰好で出たね」と。しかし口髭、サングラス、パンチパーマ風でスーツを着て登場したらもっと場違いかも...。