新潟、筑波大学MF戸嶋祥郎が来季新加入内定「ピッチ内外から貢献できるように」

写真拡大

 アルビレックス新潟は7日、筑波大学戸嶋祥郎の来季加入内定を発表した。

 1995年生まれで22歳の戸嶋は、市立浦和高校を経て筑波大学に進学。ユニバーシアード日本代表に選出経験を持つ。クラブは「豊富な運動量とゲームの流れを読み取る力に優れ、アシスト、ゴールとフィニッシュに絡める選手」と同選手の特徴を伝えている。

 戸嶋は新潟のクラブ公式HPで以下のようにコメントを発表している。

「このたび、来季からアルビレックス新潟に加入することが内定しました戸嶋祥郎です。ピッチ内外でアルビレックス新潟に貢献できるよう取り組んでまいりますので、ファン・サポーターをはじめ関係者の皆さま、今後ともよろしくお願いいたします」