インドネシアに貸与された雌の7歳のジャイアントパンダ「湖春」が現地時間の2日、滞在先のサファリパークで遊ぶ様子が公開された。

写真拡大

インドネシアに貸与されたメスの7歳のジャイアントパンダ「湖春」が現地時間の2日、滞在先のサファリパークで遊ぶ様子が公開された。

【その他の写真】

湖春は10月28日、オスの「彩陶」とともに四川省雅安市の中国ジャイアントパンダ碧峰峡基地を出発してジャカルタへ向かい、到着後、西ジャワ州ボゴールのサファリパークに移動した。貸与期間は10年間。報道によると、同パークはパンダを迎え入れるため、2014年にパンダ館の建設をスタートし、これまでに450万ドル(約5億1323万円)を投じたという。(提供/人民網日本語版・編集/KN)