ボーイズグループのXOX(キスハグキス)が7日、新曲「PINKY BABY」のミュージックビデオを公開した。映像では、80年代のテイストを意識した内容となっている。

 「PINKY BABY」は、彼らが29日に発売する5枚目のニューシングル。80’sムード満載なボコーダーによる、ロボ声のフレーズも印象的なUKフレイバーの軽快なディスコ・ソング。グループカラーのピンクを引用したタイトルに象徴されるカラフルでマジカルなサウンドが魅力の、懐かしくて新しい80sのテイストを2017年的に生まれ変わらせた最新型のポップ・チューンとなっている。

 MVではそんな楽曲のテイストを表すように、ネオンカラー、そしてメンバー全員がチェックパンツで揃えた印象的なビジュアルで(特にリーダーのとまんはまさにピンクのジャケットを羽織り)パフォーマンス。

 そんな彼らのパフォーマンスに8ビットで「歌詞」や「オブジェクト」が次から次へと重なり、まるで画面上はファミコンのよう。

 さらにはファッションを軸に置く彼ららしい、試着室のシーンでは次々に彼らが持ち込んだ服が8ビットで再現され、“8ビットで服を着替える”姿にも注目。

 そして振付も「サタデーナイトフィーバー」よろしく、往年のディスコフレーバーを感じさせる印象的な、“バブリー”な振り付けを採用。キスハグならではの親しみやすさ・踊りやすさも加味された形となりアップデートされているという。

 また、今回のMVではフレンズ「夜明けのメモリー」のMVやDESCENTE BRAND MOVIEなどのCM映像なども手掛け、監督・撮影した短編映画『夢色の木漏れ日』で『こもろ映画祭 2017』グランプリを受賞するなど、現在若干22歳、現役大学生の新進気鋭:斉藤友和監督との初タッグ。

 そんなXOXは「PINKY BABY」リリースイベント、そして全国ワンマンツアー『XOX 2017 AW LIVE TOUR』を全国で開催中。

「PINKY BABY」/XOX