チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2018」が全国で、過去最大108のブランドが集結

写真拡大

チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2018」が2018年1月22日(月)から28日(日)まで、新宿NSビルで開催される。その後、丸井今井 札幌本店やジェイアール京都伊勢丹など各地を巡回する予定だ。

今回で16回目を迎える「サロン・デュ・ショコラ」。初登場17ブランドを含めた、全108と参加数が過去最大。「冒険」をテーマに作り手の情熱や挑戦に思いをはせながら、各シェフの工夫が詰まった品々が勢揃いする。中でもおすすめのショコラをピックアップする。

セレクションボックス

サロン・デュ・ショコラのためだけに作られた限定ボックス「セレクションボックス<アヴァンチュール>」。世界の人気ショコラティエが作るショコラを詰め合わせた、毎年注目のボックスだ。今年は“冒険”を意味する“アヴァンチュール”がテーマ。例えば、オリヴィエ・ヴィタルからは、赤ピーマンのジュレをフランボワーズのガナッシュに仕立てるという冒険的なショコラが。

<フォトジェニック>青いショコラや惑星デザイン?!

パトリック・ロジェ

「フランスで最も売れているチョコレート」と言う声もあるパトリック・ロジェ。ショコラティエというよりアーティストと呼ぶにふさわしい、“アートショコラ”をこれまで生み出してきた。日本で新作の発売は4年ぶりとなる。注目したいのはまるで惑星を思わせる、プラリネのアソートメント。レモンやライムを使用した酸味のある味わいと滑らかな口溶けがポイントだ。

フランク・ケストナー

「フランク・ケストナー」の人気タブレットからは、新作「タブレットミルティーユ」が登場。何と言っても目を引くブルーの色合いが特徴だ。中にも、ブルーベリーのコンフィチュールを閉じ込めている。

ジャニス・ウォン

シンガポール発のデザートバー「ジャニス・ウォン」からは、モダンアートのような鮮やかな色彩のショコラが登場。ブロックを象ったようなユニークなシェイプも遊び心を感じさせる。味わいは塩キャラメル、カシスのほか、ポップコーンやウイスキーなど珍しいフレーバーも。

ジャン=シャルル・ロシュー

ジャン=シャルル・ロシューからは、削たてのショコラを楽しめる削り器付きのフォトジェニックなショコラ「ショコラ ブロック サンショウ」が登場。山椒フレーバーが口の中でふわっと香る大人の味わいだ。

また、犬を象った可愛らしいチョコレートも。立体的で生き生きとした、可愛らしいフォルムが特徴的だ。

セバスチャン・ブイエ

セバスチャン・ブイエのリップ型チョコレートは今年も登場。赤、黄色、ピンク…本物のリップそっくりのルックスはプレゼントに最適だ。全6色のカラーからどの色を選ぶか考えるだけで心躍るチョコレートとなっている。

ブボ バルセロナ

ブボ バルセロナの「ビッグ スカル」は、付属のハンマーでスカルを割ると中からカラフルなハートのチョコレートが出てくる。ハートの色によって異なる味わいとなっており、味覚も視覚も楽しい一品。

<日本発ショコラ>「ワンピース」コラボや紅葉を表現したショコラなど

トーキョー チョコレート

「サロン・デュ・ショコラ パリ」で2年連続金賞を受賞した「トーキョー チョコレート」からはアニメ「ワンピース」とコラボレーションしたユニークなショコラがお目見え。兄弟愛をテーマにした「サボ&ルフィ ボックス」と頂上決戦を表現した「エース&ルフィ ボックス」の2種類が展開される。パッケージは描き下ろし、チョコレートもオリジナルとなっている。ファン必見の一品となりそうだ。

ベルアメール 京都別邸

日本らしさを表現したチョコレートを展開する「ベルアメール 京都別邸」からは、日本の景色を表現したショコラが販売される。苺味の「うぐいす」、抹茶シトロン味の「七夕」、日本酒とアールグレイを組み合わせた「雨とあじさい」、黒糖味の「紅葉」、生姜アマンド味の「寒椿」などが詰め合わされている。

<日本初上陸>雫型やレンガを表現したチョコレート

アンテュイション バイ ジェローム・ドゥ・オリヴェラ

日本初上陸となる注目ブランドも紹介。「アンテュイション バイ ジェローム・ドゥ・オリヴェラ」のショコラは、ユニークな雫の形が特徴だ。タブレットとアソートメントがあり、センターにヘーゼルナッツのプラリネやキャラメルなどが入っている。

薔薇を象ったギモーヴ「ギモーヴ ア ラ ローズ」も登場。ふんわりとした可憐なルックスに、ローズの香りが相まって贅沢な気分を高めてくれる。

カンタン・バイィ

「カンタン・バイィ」の「ブリケット デュ ノール」は、ブランド拠点であるレンガの街・リールを表現。煉瓦色のショコラはミルクチョコレートをベースに、バニラ、塩を併せたシャリシャリとした食感が特徴だ。パンチに効かせたシナモンの味わいが口いっぱいに広がる。

伝説のメゾン「ルノートル」が今年も登場

2017年10月にパリで開催された「サロン・デュ・ショコラ」にて栄誉ある「トラディション ショコラティエ」を受賞したフランスのチョコレートメゾン「ルノートル」が、今年も「サロン・デュ・ショコラ」に登場する。日本国内での店舗展開がない「ルノートル」のショコラを味わうことのできる貴重な機会だ。会場では、受賞ショコラを含む新作チョコレートが販売される。

動物や果物モチーフのチョコレート

苺を象ったダヴィド・カピィの「ショコラ アソート フレーズ 苺」は、コロンとしたフォルムが愛らしいチョコレート。中にはフレッシュな香りのイチゴガナッシュが入っている。イチゴとスミレ、2種類の味わいを楽しめる。イチゴにワサビとゴマのアクセントをプラスした「タブレット フレーズ セサミ ワサビ」など、遊び心に溢れたラインナップに注目だ。

パティスリー・ル・ポミエからはポップなクマのチョコレートが登場。「バルバパパ・オ・ショコラ」のダークチョコレートとミルクチョコレート、それぞれ白と赤のハートを持ったクマのキュートな佇まいが印象的だ。中身はミルクチョコとレモン風味の綿あめや、ビター×パールショコラ入りの綿あめという驚きの仕掛け。

ザグマイヤーからは、クレメンタイン=マンダリンオレンジの一種を使用した「ル ミカーン」。名前のインパクトもさることながら、大胆なビジュアルがユニークな存在感を放つ。柑橘の爽やかな味わいと、香り高いカカオの相性の良さが感じられる一品だ。

オリヴィエ・ヴィダルのカラフルなエスカルゴ「アソート エスカルゴ ミックス」は新フレーバーのライムと塩キャラメルが初登場。7種類のビビッドな味わいを楽しんで。

多彩なテイクアウト&イートインメニュー

会場内を食べ歩きしながら見て回ることのできる、テイクアウト・イートインメニューも充実のラインナップとなっている。日本初登場のスイーツや東京会場限定のスイーツなど、カカオ香る贅沢な味わいをショッピングの合間に楽しんでみては。

アンリ・ルルー

アンリ・ルルー(HENRI LE ROUX)の「フォンダン・キャラメルC.B.S.」は、生地からキャラメルがとろけ出すショコラのケーキ。ナッツの食感とアンリ・ルルーならではの塩バターキャラメルの味わいが魅力となっている。東京会場限定の塩キャラメルソフトクリームのトッピングにも注目だ。濃厚な味わいのフォンダンショコラに、ひんやりとしたキャラメルソフトクリームが溶け合い、リッチな甘さが口の中に広がる。

ジャン=ポール・エヴァン

ジャン=ポール・エヴァン(JEAN-PAUL HÉVIN)からは、葉巻のようなフォルムのスイーツ「フュメ キューバ」「ドミニク」が登場。サブレ生地の中にキューバ産、ドミニカ産カカオのガナッシュをたっぷりと詰めたスイーツだ。「フュメ キューバ」は、漂う燻製の香りが印象的。片手で持つことのできるサイズ感は、食べ歩きにぴったりだ。その他、焼き立てのマドレーヌを温かいキューバ産カカオソースと生クリームに付けて食べる「マドレーヌ フォンデュ」も登場する。

ル・グルニエ・ア・パン

ル・グルニエ・ア・パンのスイートなサンドイッチ「ショコラ・バゲット・ア・ ラ・フランボワーズ」は、チョコレートを練り込んだバゲットを使用。クリームチーズ、フランボワーズの果実とコンフィチュールを挟んだ贅沢な味わいに仕上がっている。その他、チョコレートを使用したパンや、多彩な種類のパンが店頭に並ぶ。

ショコラティエ パレ ド オール

ショコラティエ パレ ド オールのテイクアウトメニューは色とりどりのカカオをトッピングしたソフトクリーム「ソフト パレドオール ブラン プリュス」。カカオの風味が漂うクリーミーで濃厚な味わいだ。

フレデリック・カッセル

美しい層を形成するフィンガースイーツ「ミルフイユ・フィンガー XIBUN」も登場。こだわりのカカオを使用し、サクサクとした食感も楽しい一品だ。ほんのり香るミントがアクセントとなっている。

ローラン&京子デュシェーヌ

日本初登場となる、ローラン&京子デュシェーヌの「エクレール ショコラ」はパリの人気商品。たっぷりのショコラカスタードが広がり、食べ応えのある一品となっている。

明治

明治の「エクアドルカカオドリンク」は、買物中に一息つきたい時にぴったりのドリンクだ。ほのかに甘酸っぱいジュースを、底のショコラペーストと混ぜるとカカオの香りとともに味わいが変化する、不思議なドリンクとなっている。

京都ならではの素材を使った限定ショコラ

ジェイアール京都伊勢丹では、特別企画「感謝〜京都へのオマージュ〜」と題して京都ならではの素材を使用したスイーツを展開する。八ッ橋の名店と知られる「聖護院八ッ橋総本店」からは、薄く焼き上げた赤い八ッ橋をくるくると巻き、細長く仕上げ、ベルギー製のチョコレートをまとわせた「シュクレカネール・ルージュ」を展開。スタイリッシュなビジュアルは贈り物にも最適だ。フレーバーはダークとホワイトの2種類が用意される。

「アッサンブラージュ カキモト」からは、京菓子を130年以上にわたり作り続ける塩芳軒の餡を使ったスイーツがラインナップ。チョコレートケーキにはコーヒーで香りづけし、アクセントにオレンジピールを忍ばせた。

詳細

サロン・デュ・ショコラ 2018
期間:2018年1月22日(月)〜28日(日) < 一般会期>
時間:各日10:00〜20:00
会場:新宿NSビル 地階=イベントホール(東京都庁舎隣り)
住所:東京都新宿区西新宿2-4-1
※新宿SNビルのみ、時間帯別入場チケットが必要。販売詳細は公式HPに記載。
URL:http://www.salon-du-chocolat.jp/

<巡回情報>
・丸井今井札幌本店
期間:2018年1月31日(水)〜2月14日(水)
・ジェイアール京都伊勢丹
期間:2018年1月31日(水)〜2月14日(水)
■限定メニュー
<聖護院八ッ橋総本店>シュクレカネール・ルージュ2,700円(ダーク・ホワイト/各6本入)
<アッサンブラージュ カキモト>フューチャー スナック 1,944円(1本)
・ 仙台三越
期間:2018年2月1日(木)〜14日(水)
・岩田屋本店
期間:2018年1月25日(木)〜2月14日(水)
・名古屋栄三越
期間:2018年1月31日(水)〜2月14日(水)


[写真付きで読む]チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2018」が全国で、過去最大108のブランドが集結

外部サイト

  • 大丸東京店のバレンタイン - 水星や金星モチーフ"惑星ショコラ"やタルトそっくりチョコなど
  • ベルギー発「ブノア・ニアン」18年バレンタイン限定チョコレート、カカオ職人の自家製ショコラ
  • ブボ バルセロナのバレンタイン、付属ハンマーで"割って"楽しむ真っ赤なハート型チョコなど