イタリアの名門、マセラティが2018年モデルを一挙に公開しました。とくに「ギブリ」は外観をアップデート、さらに「グランルッソ」と「グランスポーツ」という2種類のトリム・オプションを設定したのがトピック。安全装備面では先進運転支援システム(ADAS)をレベル2に引き上げているのも見逃せません。

レーン・キーピング(車線維持)などアクティブ機能を備えた最新の先進運転支援システムを実現するために必須の電動パワーステアリング(EPS)については、マセラティとして初採用したというのもニュース。EPSは2018年モデルのクアトロポルテ、ギブリ、レヴァンテに搭載されました。油圧パワステに対してフィーリング面でのネガが言われることもある電動パワステですが、マセラティ特有のシャープなハンドリングを維持しながらも、操作性と快適性が向上したとアピールしています。

また、予防安全技術となるグレアフリー・ハイビーム搭載のアダプティブフルLEDヘッドライトは、ギブリとクアトロポルテに装備されます。もちろんマセラティに期待するパフォーマンス面でも万全、最高峰モデルである「ギブリS」と「ギブリS Q4」、「クアトロポルテS」と「クアトロポルテS Q4」では、2017年モデルと比較してパワーで20ps、トルクは30Nm も向上。最高出力430ps 、最大トルク580Nmとなっています。

マセラティ初のSUVとして世界的な支持を集める「レヴァンテ」の2018 年モデルでは、ラグジュアリー指向の「グランルッソ」とスポーティ指向の「グランスポーツ」という2 種類のトリム・オプションを導入するのがトピック。さらに、従来まで左ハンドルのみの設定であったガソリンエンジンモデル(レヴァンテS のみ)に新たに右ハンドル仕様が登場することで、日本市場に対する期待も感じさせます。

他の2018 年モデル同様に、「レヴァンテ」にも先進運転支援システム(ADAS)が装備されます。このシステムでは、レーンキープアシスト(LKA)、アクティブブラインドスポットアシスト(ABSA)、交通標識認識(TSR)などが実装されています。

 

マセラティとブルガリのパートナーシップによる、新しい「オクトレトロ マセラティ」も発表されました。マセラティのフラッグシップともいえる「グランルッソ」と「グランスポーツ」のために特別なデザインを施した限定モデルです。

いずれもレトログラード分針とジャンピングアワー表示を特徴としています。マセラティのインテリアからインスピレーションを得たステッチ入りのレザーストラップとタコメーターを彷彿させる文字盤のデザインが特徴です。

なお、会場には往年のスーパーカー「ギブリ」も展示されていました。

(写真:小林和久/マセラティ ジャパン 文:山本晋也)

【新車】マセラティの2018年モデルが一挙上陸! 外観変更と運転支援ADASがレベルアップ(http://clicccar.com/2017/11/07/529612/)