トランプ米大統領の初訪日について、米メディアは6日、両国が北朝鮮の脅威に対して結束を確認したと伝える一方で、貿易赤字へのトランプ氏の不満に焦点を当てて報じた。

 ワシントン・ポスト紙は6日、トランプ氏が「貿易と北朝鮮に厳しい姿勢を示した」とした。「北朝鮮の脅威に結束して取り組むことを約束した」としつつ、「巨額の対日貿易赤字について日本をしかった」と伝えた。別の記事では安倍晋三首相について「トランプの忠実なサイドキック(相棒)を演じた」と表現した。

 ニューヨーク・タイムズ紙は「トランプは日本に米国の武器を買うことで自衛できると伝えた」と題して、トランプ氏が北朝鮮の脅威を前に日本に武器の売り込みをしたことを詳報。トランプ氏が「貿易と安全保障を明白に結びつけようとした」とした。

 一方、トランプ氏が経済界との会合で「車を船で送ってくるのではなく、米国で作ることを試みろ」と発言したことについては、日本の自動車会社が米国で巨大な工場を持っていることを無視していると指摘した。

 CNNもこの日本車についての発言を取り上げ、「昨年、米国で販売された日本車の4分の3が米国で組み立てられた」とし、「(トランプ氏の)要請は今の現実を反映していない」と専門家の見方を紹介した。(ワシントン=杉山正)