7日、中国のサッカー情報サイトに、サッカー日本代表の新ユニフォームについて紹介する記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は鎧。

写真拡大

2017年11月7日、中国のサッカー情報サイトに、サッカー日本代表の新ユニフォームについて紹介する記事が掲載された。

日本サッカー協会は6日、、2018年ロシアW杯本大会で着用する新ユニフォームを公表した。デザインは、日本の古代武士が着用した甲冑(かっちゅう)をイメージしたものだという。

新ユニフォームは藍色を主として、正面には白い縦の破線がデザインされており、古代武士が着用した甲冑のような感じだと記事は紹介。日本サッカー協会によると、今回のユニフォームの色は勝利を意味した「勝色」なのだという。また、ズボンと靴下も深い藍色となっている。

この新ユニフォームについては、日本のネットユーザーから「これはダサい」「いろんな意味でなぜ?」「ユニフォームだけでも予選落ち」「仮縫いのまま出しちゃったみたいなデザインだ」「リニューアルのたびにどんどん酷くなってる」など、不評が多くあがっている。

中国のネットユーザーからも「これってジンベエザメじゃないのか?」「これはキリトリ線だろ」「なんだか白い恋人のような感じがする」などのコメントや、「よろいはかっこいいけどユニフォームはダサいな」「隣によろいが置いてあると格好よく見えるが、なければ前のデザインに及ばない」などの意見もあり、日本と同じような反応だ。

しかし、「何を言っても日本はW杯に出場できるんだ。でも中国代表はどうだ?」と、中国代表の弱さを嘆くユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)