小児科待合室のぬいぐるみには触らないほうが無難(depositphotos.com)

写真拡大

 2〜3時間待ちは当たり前――これは人気アイドルの握手会ではなく、風邪のシーズンに小児科で診察を受けるまでの待ち時間である。

 待合室の中には咳(せき)が止まらない子、ぐったりして涙目の子......比較的元気であちこち歩き回っている子もいる。親が「とりあえず医師に診せておこう」と思って子どもを連れてきたのだろう。

 混雑する小児科の待合室に長居することのデメリットは、時間を無駄に過ごしてストレスがたまるだけではない。待合室の中に充満する「ウイルス」や「細菌」といった病原体によって、子どもたちが別の病気に感染するリスクが高まるのだ。

 米国小児科学会(AAP)では、外来施設での感染症を防ぐためにさまざまな対策を発表している。

 当サイトの読者も、子どもを病院に連れて行く前に次の2つを天秤にかけてほしい。感染症リスクの高い場所にわざわざ子どもを連れて行ってまで、医師の診察を受けたほうがいいのか、自宅でゆっくりと症状の経過を見守っているほうがいいのか......。

おもちゃは自宅から持参したほうがいい

 長い待ち時間の暇つぶしをするため、小児科のクリニックではおもちゃや絵本が用意されている。こうした備品、特にぬいぐるみは、子どもに触らせないほうがいいのかもしれない。

 米国小児科学会は10月23日、「清潔にし続けることが難しい、ぬいぐるみなどのおもちゃは病原菌を媒介する可能性がある。患者には自宅からおもちゃを持って来てもらうほうがよい」などの声明を発表した。

 声明では、待合室のおもちゃについて、以下の対策を勧めている。

○患者の家族には自宅からおもちゃや絵本を持って来ることを勧め、複数の子どもが待合室のおもちゃを共有する機会を減らす。

○おもちゃが使用されるたびに洗うのが理想的だが、毎日、診察時間が終わったら清潔にすることも許容される。

○おもちゃは石けんを使用して汚れを洗い流した上で消毒して乾燥させる。

○ぬいぐるみなどは清潔に保つことが難しいため望ましくない。

 さらに、米国小児科学会は咳やくしゃみのエチケット、そして手指衛生の重要性についても強調。小児科医に対し、咳やくしゃみが出そうになった場合は、「手」ではなく「ひじ」で鼻や口を覆うことを求めるポスターなどを掲示し、待合室にマスクやアルコールベースの消毒剤を用意しておくように勧めている。

医療費助成が理由? 安易な子どもの受診

 子育て真っ最中の筆者の個人的な印象ではあるが、子どもを小児科に受診させる際に、自宅から絵本やおもちゃを持参する親は、日本ではごく少数。咳込んでいる子でもマスクを着けさせていない例が、しばしば見受けられた。

 子どもの医療費を市区町村が助成して、小児科を受診した際に窓口負担がほとんどないケースも多い。目に見える金銭の支払いが少ないために、軽症の子でも親が気楽に小児科に連れて来ているのかもしれない。

 しかし、冒頭でも述べたが、病院の待合室にはウイルスや細菌といった病原体がウジャウジャいる。さらなる病原体をまき散らさない気配りや、感染から子どもを守る覚悟が親には必要ではないだろうか。小児科医も、普段から親が子の体調を把握して、受診するかどうかを見極めてほしいと語っている(参考:子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう)。

 これから風邪のシーズンに入っていくが、我が子が病気に感染するリスクを減らすため、そして緊急性の高い子どもたちの待ち時間を減らすためにも、「子どもを受診させる」意味をしっかりと考えたい。
(文=森真希)

森真希(もり・まき)
医療・教育ジャーナリスト。大学卒業後、出版社に21年間勤務し、月刊誌編集者として医療・健康・教育の分野で多岐にわたって取材を行う。2015年に独立し、同テーマで執筆活動と情報発信を続けている。