ストッケからオプションでおむつ替え台にもなるドレッサーが発売

写真拡大 (全2枚)

ロングセラーのベビーチェア「トリップ トラップ」などで知られる北欧ノルウェーのベビー用品ブランド、ストッケでは、洋服やおもちゃを収納できるドレッサー「ストッケ ホーム ドレッサー」と、ドレッサーと組み合わせることでおむつ替え台になる「ストッケ ホーム チェンジャー」の販売を開始した。


ドレッサーは小さいうちだけでなく長期の利用を見据えて設計されており、飽きのこないシンプルなデザイン。深さの異なる3つの引き出しで構成されており、その引き出しもゆっくり閉まるソフトクロージングタイプの採用により、子どもが指を挟む危険を軽減している。ホワイト、ナチュラル、ヘイジーグレーの3色のラインナップで、価格は56,000円(税別)


またドレッサーは、別売りの「ストッケ ホーム チェンジャー」(26,000円[税別])をセットアップすることで、おむつ替え台として使うこともできる。おむつ替えの際、前かがみの姿勢になり腰の負担がかかることを考慮し、程よい高さ(ドレッサーの高さは88cm)で無理のない自然な姿勢が保てるようになっている。


ストッケ公式サイト
https://www.stokke.com/JPN/ja-jp/home