JAXA(宇宙航空研究開発機構)は2017年11月7日、野口聡一宇宙飛行士国際宇宙ステーション(ISS)の第62次/第63次長期滞在搭乗員に決定されたと発表しました。野口さんにとって、次回は3回目の宇宙飛行となります。
 
野口さんは2019年の終わり頃から約半年間、ISSフライトエンジニアとしてミッションにあたります。予定されている作業は宇宙実験棟「きぼう」を含む各施設の維持や保全、科学実験、ISSロボットアーム操作などになるそうです。
 
これまで、野口さんは2005年7月にスペースシャトルの飛行再開ミッションに参加。さらに2009年にはISS第22次/第23次長期滞在搭乗員のフライトエンジニアとして、2回宇宙へと飛び立っています。
 
今後、野口さんは11月末からISS滞在へと向けて訓練を開始するとのことです。2019年ということで搭乗する宇宙船が「ソユーズ」になるのか、あるいは「ドラゴン2」や「CST-100 スターライナー」になるのかは未定ですが、それでもある意味ベテランの域に達した野口さんが素晴らしい成果を持ち帰ってくれることを期待したいですね!
 
Image Credit: Wikimedia Commons
■JAXA 野口聡一宇宙飛行士の 国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在の決定について
http://www.jaxa.jp/press/2017/11/20171107_noguchi_j.html
(文/塚本直樹)