烏山空軍基地に到着したトランプ大統領(中央)=7日、ソウル(写真共同取材団=聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】トランプ米大統領が7日午後0時18分ごろ、ソウル南方の在韓米軍・烏山空軍基地(京畿道・平沢)に到着した。トランプ氏の来韓は初めてで、米大統領が国賓として韓国を訪れるのは1992年以来となる。

 トランプ大統領は最初の訪問地として平沢の米陸軍基地キャンプ・ハンフリーを訪れ、両国の兵士らと昼食会を行い、両国軍から朝鮮半島情勢などについて報告を受ける。

 その後、青瓦台(大統領府)に移動し、公式歓迎式や文在寅(ムン・ジェイン)大統領との韓米首脳会談に臨む。両氏の会談は9月22日以来となる。会談では両国の同盟関係の強固さを確認する一方、北朝鮮に最大限の制裁と圧力を加え対話のテーブルに着かせることなどについて踏み込んだ意見交換を行う見通しだ。自由貿易協定(FTA)の見直しなど、経済問題も主な議題になるとみられる。

 会談後、両氏は青瓦台内を散策し、友好を深める。共同記者会見は両氏が会談結果を発表し、両国の報道陣から質問を受ける形で進められる。

 夕食会の際には文大統領夫妻がトランプ大統領夫妻を青瓦台の迎賓館1階で出迎える。出席者とのあいさつ、米国国歌と韓国国歌演奏、文大統領の乾杯の音頭、公演などの順で進められるという。

 来韓2日目の8日には国会で演説をする予定。