『刑事ゆがみ』第5話に板谷由夏、丸山智己、木下ほうか出演へ 板谷「充実した時間を過ごした」

写真拡大

 フジテレビ系にて11月9日22時より放送される木曜劇場『刑事ゆがみ』第5話に板谷由夏、丸山智己、木下ほうからがゲスト出演することが発表された。

(参考:神木隆之介の童貞キャラが微笑ましいワケ 大人になった“国民的息子”の今

 同ドラマは、『ビッグコミックオリジナル』にて連載中の井浦秀夫の同名コミックが原作の刑事ドラマ。“何でもありの天才適当刑事”弓神適当と“出世欲に燃える腹黒刑事”羽生虎夫による“最強バディ”が、現代社会のゆがみを見抜き、埋もれかけた真実をあぶり出す姿を描く。弓神役を浅野忠信、羽生役を神木隆之介が演じている。

 第5話では、弓神と羽生がうきよ署に近い花道署からの要請で誘拐事件の捜査に協力する模様が描かれる。板谷は誘拐された宇津巻真利奈(後藤由依良)の母親・宇津巻京子役を演じ、父親である市会議員の宇津巻誠治役を丸山が演じる。また、今回弓神たちと一緒に事件を捜査する、花道署の刑事・久松役を、木下ほうかが務める。

■板谷由夏 コメント

以前からお仕事したいと思っていた西谷監督とご一緒することができて、本当にうれしいです。そして、浅野さん・神木さんという大好きなお二人と共演することができたこともうれしかったです。浅野さんとは映画『サッド ヴァケイション』以来だったので、また現場でご一緒することができました。数日間という短い時間でしたが、とても充実した時間を過ごさせていただきました。

(リアルサウンド編集部)