これからの寒い季節、温かいすき焼きでも食べて乗り切ろうと思っている人は多いはず。そんな中、やよい軒で「豚すき焼き定食」と、豚肉の量が1.5倍になった「特豚すき焼き定食」が2017年11月1日(水)から登場しました。牛肉を使ったすき焼き定食は以前にも提供されていたことがありますが、今回は豚すき焼きとのことなので、早速やよい軒へ行って食べてみました。

『牛すき焼き定食』『特牛すき焼き定食』『豚すき焼き定食』『特豚すき焼き定食』 11月1日(水)期間限定新発売! | 新着情報 | やよい軒

http://www.yayoiken.com/news/view/223

やよい軒に到着。



店の前に「豚すき焼き定食」「特豚すき焼き定食」の看板が飾られていました。



食券機で「豚すき焼き定食」「特豚すき焼き定食」の食券を購入。



「豚すき焼き定食」は注文してから10分弱で提供されました。ご飯とみそ汁がセットになっています。



みそ汁の具材は麩とネギ。



メインのすき焼き鍋はこんな感じ。水菜とにんじんの彩りが鮮やかです。



鍋の中には豆腐やしらたき……



水菜ににんじん。



すき焼きには欠かせない白菜もしっかり入っています。



そして主役の豚肉がたっぷりと入っていました。甘ダレのいい香りと豚肉の食欲をそそる匂いが鍋から漂ってきて、唾液腺を刺激します。



一緒に提供された生卵を……



器の中でかき混ぜます。



すき焼きのタレがしっかりとしみこんだ豚肉を……



トロリとした溶き卵にサッとくぐらせて食べます。甘塩っぱいタレの味がしみこんだ豚肉を溶き卵が優しく包み込み、たまらない味わいになっています。豚肉は脂がよくのっていて、肉のうま味もたっぷりと味わうことができます。



豆腐にも甘ダレがしっかりしみこんでいて、口の中で柔らかくつぶれます。



かめばかむほど甘みがしみ出てくる白菜や……



ほんのりとした苦みとシャキシャキした食感が楽しめる水菜とにんじんなど、具材が豊富で飽きません。



茶色く染まったしらたきは、口の中で噛むごとにホロホロと崩れていきます。



ご飯と一緒に甘ダレのしみこんだお肉を食べると、無限にループできそうなほどマッチします。



鍋の底に残ったうどんはモチモチとした食感が楽しめ、すき焼きのシメとしてとても優秀。



豚肉の量が1.5倍だという「特豚すき焼き定食」も注文してみました。こちらも調理に10分ほどかかっていました。



豚肉を集めるとかなりの量があり、肉だけでもお腹が膨れます。ガッツリ満腹になりたいという時にオススメです。



なお、「豚すき焼き定食」は税込790円で858kcal、「特豚すき焼き定食」は税込980円で1174kcal。いずれも期間限定販売とのことです。