Appleは現地時間11月6日、開発者向けにmacOS High Sierra10.13.2、watchOS4.2、tvOS11.2のそれぞれについて、ベータ2を公開しました。主にバグ修正やセキュリティ対応のアップデートとみられます。

主にバグ修正とセキュリティ対応のアップデートか

macOS High Sierra10.13.2のベータ2は、最初の開発者向けベータと、macOS High Sierra10.13.1正式版からともに約1週間でのリリースとなりました。
 
今回のベータで、特に目立った変更点や新機能の追加などはなく、主にバグの修正やセキュリティの向上を中心としたアップデートとみられます。
 
なお、現時点で公開されている最新版のmacOS High Sierra10.13.1では、Wi-Fi接続に関するセキュリティ上の脆弱性が修正され、多数の絵文字が利用可能となっています。

watchOS 4.2とtvOS 11.2のベータ2も公開

Appleは同時に、Apple Watch用のwatchOS 4.2と、Apple TV用のtvOS 11.2についても、ともにベータ2を公開しています。
 
いずれも、特に大きな新機能の追加などはなく、バグ修正などが中心のアップデートとみられています。
 
Appleは、定期課金型アプリの購読料金を初回限定で割引提供が可能となるiOS11.2のベータ2も同時に公開しています。

 
 
Source:MacRumors, 9to5Mac
(hato)

 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ