11月6日、ロイヤルホールディングスは、クレジットカードと電子マネーのみを取り扱う実験店舗「GATHERING TABLE PANTRY 馬喰町店」を東京・中央区にオープンした。ネットでは、決済のキャッシュレス化に様々な反応が寄せられている。

実験店舗では、完全キャッシュレス、セルフオーダーのオペレーションを導入。「店長業務の負担が大きく人材育成の時間が取れない」といった飲食店固有の課題に対応する狙いだという。現金管理がなくなることで、売上管理業務の負担が軽くなり、店舗業務の運営の効率化につながることが期待される。支払いはクレジットカードのほか、「楽天Edy」や交通系ICカードを含む主要電子マネーが利用可能。

同時に、調理機器を最小限にとどめ厨房スペースをコンパクト化し、自社セントラルキッチンを活用することで油や火を使わず、生ゴミが少ないクリーンキッチンを実現する。これにより、狭小立地でも客席スペースが確保できるとともに、レストラン用の物件以外にも店舗物件の候補を広げることが可能になる。総じて、将来的な小規模・低投資型店舗の本格稼働を見据えた施策といえそうだ。

Twitterでは、

“素晴らしい試み 支払い方法が現金のみとかいう店舗は不要”
“ロイヤルホストの現金NGの店他の会社もどんどんやってほしい。ATM行くのほんと無駄な手間だし、現金払いのメリットなさすぎる”

とキャッシュレス化を評価する声が上がっている一方で、

“現金厳禁にした場合、電子マネーのチャージ手段は残しておかないと、クレカない客とは問題になりそうな気がします。”
“注文時に決済する仕組みにしないと絶対モメるwどれだけ大きく現金不可って書いてあっても、見ない人読まない人は必ずいる。”

と「混乱が生じるのではないか」との声も少なくない。

ちなみに営業時間は、平日は15時から。ディナーはもちろん、ビールやワイン、カクテルなどもあるので“ちょい飲み”感覚でも楽しめそうだ。

現金主義が根強い日本にとって、キャッシュレス店舗は珍しい試み。実験店舗の結果次第では、今後、日本のキャッシュレス化が進むか否か、ひとつの指標となりそうだ。
(山中一生)

■関連リンク
11月6日、東京都・馬喰町にR&D店舗オープン
https://www.royal-holdings.co.jp/gtp/