iPhone Xのカメラ性能を、カメラのベンチマーク情報専門サイトDxOMarkがテストし、総合得点を97点と評価しています。総合点では、GoogleのPixel 2に1点差で敗れる結果となりました。

iPhone X、静止画の評価で満点超えの101点を獲得

iPhone Xのカメラ性能を評価したDxOMarkは、静止画を100点満点中101点、動画を89点、総合得点を97点と評価しています。同サイトの評価は、各項目のスコアに比重をかけて算出するため、評価結果が100点を超える場合があります。
 

 
DxOMarkのカメラ性能ベンチマークテストでは、iPhone8 Plusが発売直後のテストで総合94点と、当時の最高得点記録を更新し「史上最高のスマートフォンカメラ」との評価を獲得しました。
 
その後、iPhone8 PlusはSamsungのGalaxy Note8とは引き分けたものの、総合98点を獲得したGoogle Pixel 2に「史上最高のスマートフォンカメラ」の座を奪われていました。

iPhone8 Plusより進化したiPhone Xのカメラ

iPhone XのカメラについてDxOMarkは、望遠レンズがf 2.4と、iPhone8 Plusのf 2.8より明るくなり、光学式手ぶれ補正を搭載したことで性能が向上している、と評価しています。
 

 
DxOMarkは、iPhone Xの静止画撮影の優れた点として、露出が特に優秀でHDR撮影時のシャドウとハイライトを詳細に表現できていることを強調しています。
 

 
このほかの長所として。様々な光源での撮影でカラーレンダリングとホワイトバランスが正確であること、暗所撮影のノイズの少なさ、ズーム撮影時のディテールの描画、自然なボケ効果を挙げています。
 

左がiPhone X、右がiPhone8 Plus、いずれも2倍ズームで撮影


 
一方、iPhone Xの静止画撮影の弱点としては、時折オートフォーカスの動作が若干遅くなること、フラッシュ撮影時の露出不足と赤目現象、動く被写体撮影時の被写体ブレを指摘しています。
 

左からiPhone X、Google Puxel 2、Samsung Galaxy Note 8

動画撮影性能のスコアはiPhone8 Plusと同点

iPhone Xの動画撮影についてDxOMarkは、iPhone8 Plusと同じ89点と評価し、カラーレンダリングとホワイトバランスの正確さ、速く正確なオートフォーカス、効果的な手ぶれ補正機能などを高く評価しています。
 
一方、暗所撮影時のノイズや、シャープさに欠ける場合があることを弱点としています。
 

 
DxOMarkのサイトには、高精細の写真サンプルが多数掲載されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

 
 
Source:DxOMark via 9to5Mac
(hato)

 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ