ニューヨーク・チェルシー地区にある「D Pet Hotel」は、ニューヨークで最高ランクの犬専用ホテルといわれている。

シェフが作る食事、送迎車による送り迎え、犬専用スパなどが提供される1泊の料金は84ドル(約9,500円)から。最高ランクのスイートルームは1泊200ドル(約23,000円)もする。

利用するのはニューヨークに住むセレブや、銀行家、弁護士たちだ。

ダブルベッド、42インチTVつきのスイート

海外メディアに、ホテルのオーナーであるKerry Brownさんはこう言う。

弁護士や銀行家の方々が、昼間に愛犬を預けておくためによく利用していますね。

クライアントのなかには女性ポップスターや、誰でも名を知っている映画俳優もいます。

セレブたちが利用するのは、ダブルベッドや42インチTVが備えられた1泊200ドルの最高級スイートだそう。TVでは、犬が興味を持つ番組が放映されている。

D Pet Hotels Chelsea

「最高級スイートは私の自宅のベッドルームより良い部屋ですよ」とBrownさん。「愛犬がいつもと同じような環境で過ごせるようにと、スイートだけを利用しているお客様も多くいます」

徹底した犬向けサービス

犬には散歩が欠かせないが、D Pet Hotelではもちろん、スタッフによる散歩のサービスを行なっている。

深夜の散歩が習慣になっている犬のためには、トレッドミルや室内アスレチックコースも用意されているそうだ。

「食事は専属のシェフが作ります」とBrownさん。「例えば新鮮なチキンにライス・野菜を添えたものなどですね。就寝時間には、犬の枕の上にちょっとしたおやつを置くサービスをしています」

なんとペディキュアのサービスや、就寝時にスタッフが(犬に)本を読んで聞かせるサービスまであるそうだ。

D Pet Hotels Chelsea/Facebook

犬相手にこれほどまでのサービスをするのは「馬鹿馬鹿しいことではない」とBrownさんは言う。

自分がされたいと思っていることを、例え犬を相手にでもしてあげるのは良いことではないでしょうか。

子供のいないニューヨーカーたち

D Pet Hotelをよく利用するElianaさんという女性が、海外メディアの取材を受けてこんなことを言っている。

ニューヨーカーたちの中には、子供を作らないと決めた人たちが多くいます。そういう人たちにとって、犬は子供と同じなんです。

このホテルは、犬を家族の一員のように犬を扱ってくれます。飼い主たちはそれを求めているんだと思います。