中国航空協会は市民が「思い立ったらすぐに飛行機を利用できる」よう、2万カ所余りの航空機飛行基地の整合・建設を進めている。

写真拡大

中国国家体育総局航管センターの元センター長で中国航空スポーツ協会の李正梅・副主席は湖北省武漢市で3日に開かれた「国際航空スポーツトップフォーラム」において、「中国航空協会は、市民が『思い立ったらすぐに飛行機を利用できる』よう、2万カ所余りの『航空機飛行基地』の整合・建設を進めている。これにより、低空領域の巨大な消費潜在力が解放されるだろう」と話した。新華社が伝えた。

李副主席によると、中国の低空領域消費市場は巨大な潜在力を備えた産業であり、その開発度は経済発展の足並みより立ち遅れている。米国国民1人当たりが擁する航空機と飛行士の割合に基づいて計算すると、中国では今後、航行する航空機の数量は104万機まで増加する見通しだ。また、航空機と飛行士の割合を1対2.5として計算した場合、中国では今後、260万人以上の飛行士が必要とされ、訓練市場だけでも市場規模は1兆元(約17兆2000億円)に達するだろう。また、ここには、熱気球、グライダー、スカイダイビング、風洞装置(ウインドトンネル)、ドローンなど、その他の低空飛行機は含まれていない。

中国航空運輸協会と全国170万カ所のスポーツ場は現在、景勝地、観光スポット、高速道路のサービスエリア、キャンプ場、キャパシティに余裕がある空港と協力し、スターランク別の航空機飛行基地の建設を進めている。その割合は、5つ星ランクが1%、4つ星ランク29%、3つ星ランク以下が70%となっている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)