女性にとって、アクセサリーはその日の気分を変えてくれるアイテム。一方で、金属品はすぐに輝きを失ってしまったり、ピアスは汚れが蓄積したまま使うと炎症を起こしてしまうなど、お手入れにも気を使わなければいけない。

本当はお店で磨いてもらったり、専用のクリーナーを使ってお手入れするのが1番だとは思うけれど、近くにお店がなくて、ずっとアクセサリーケースで待ちぼうけを食らっているメンバーも…。そんな時に、自宅でも簡単にできる“裏ワザ”を、「Little Things」Asiane Cooleyさんの記事から見つけました。使うものは家にある普通の洗剤がメインだから、高価ではないもので試してみるのが安心かも。

ちなみに、私は海外で安く買ったシルバーリングを磨いてみたけれど、けっこうピカピカになりましたよ。もともとは、ピアス・イヤリングに限定したものだったけれど、リングやブレスレットにも応用できるかも。

01.
ダイヤモンドアクセサリーの場合

(1)液体洗剤を混ぜた水に、30分ほど浸けます
(2)小さめのメイクブラシや、毛が柔らかい歯ブラシで、汚れや油がたまりそうな箇所を優しく撫でるようにしてこすります
(3)水でよく洗い流して、糸くずの出ない布で水気をとります

気になる場合は、2回この工程を繰り返しましょう。

この時、漂白剤を含むものや、歯磨き粉などの研磨剤は使用しないでください。

ダイヤモンドなど、宝石のついたアクセサリーに<超音波クリーナー>を使う場合は、傷がついてしまう恐れがあるので、細心の注意を払わなくてはいけないと言われています。

02.
シルバーアクセサリーの場合

最もオススメなのは、ダイヤモンドと同様に洗剤と水につけて、ブラシでこする方法です。それでも汚れが目立つ場合は、1分ほどアンモニアを混ぜた水に浸けておくと、くすみも取れて輝きを取り戻す効果があります。

長くアンモニアに触れていると、逆に痛めてしまうので、手早く磨いてすぐに水で洗い流しましょう。

(1)重曹+水
重曹に少し水を混ぜて、ペーストのようになったら、毛が柔らかいブラシにつけてこすります。細かい隙間の汚れが取れない場合は、もっと水を混ぜてみてください。

(2)オリーブオイル+レモンジュース
オリーブオイルの量に対して、レモン汁を半分入れたらよく混ぜます。ブラシではなく、柔らかい布にそれを浸し、優しく磨きます。

(3)重曹+塩+お湯
ボウルの底にアルミホイルを敷き、沸騰したお湯を注ぎます。そこに、重曹と塩を大さじ2杯ずつ入れて溶かしたら、アクセサリーを入れてください。この時、隣同士が重ならないように気をつけてください。そのまま2〜3分浸けておいたら、水で洗い流して水気をとります。

03.
ゴールドアクセサリーの場合

ゴールドはとても柔らかい金属なので、拭いたりこすったりする時に力を入れすぎないように、優しく取り扱うことを意識しましょう。

上で紹介したように、食器用洗剤と水を混ぜてブラシで磨く方法と、アンモニアを使うこともできます。

さらに紹介すると、アルコールに浸けて消毒することもできます(メッキのもの、接着剤でストーンが固定されているものはNG)。油や、水溶性の汚れをよく溶かしてくれるので、細かい部分に入り込んだ埃や皮脂を短時間でリセットしてくれるのです。輝きも増しますよ。

(1)フィルムケースなどの容器に、アルコールとアクセサリーを入れて、数分置きます
(2)軽く振ります
(3)ティッシュの上でアルコールを蒸発させます

04.
パールのアクセサリーの場合

パールを磨く時には、弱い洗剤を使うこと、こするのではなく布で優しく拭くことを心がけてください。パールが取れてしまうことを防ぐためです。

(1)小さめのボウルに、ぬるま湯と、弱い液体洗剤を一滴加えます
(2)柔らかい布に(1)を含ませて、パールをなでるように拭きます
(3)シャモアレザー、またはマイクロファイバーのクロスでも同じように(1)を含ませて、表面が泡立つくらい揉んだら、パールを優しく磨きます
(4)くすみが取れたら、20分ほど乾燥させます

Licensed material used with permission by Little Things